Written by ichigo

【もう時間がない!】33歳女性が結婚して出産する為の3つの手順

婚活コラム

33歳女子「もう時間がないんです!33歳で今だに結婚できずにいます。このままでは小さい頃から描いていた幸せな家庭や子育てもできないかもしれない、、、正直あせっています。どうしたらいいんですか?教えてください。」

こんにちは、ichigoです。今回はこのような悩みにお答えしていきます。

本記事では
「昔からの夢であった【素敵なお嫁さんになる】でも結婚相手がいなくて悩んでる。子供が欲しいけど自分の年齢のことを考えるともう時間がない」という方に向けて執筆しています。

この記事を読むことで得られる知識

最短で結婚して、妊娠出産さらにその先にある子育てや明るい家庭を作るための3つの手順を知ることができます。

先日のツイートです。

結論を言えば、結婚して幸せになるために、とても大切なことは何か?それは…

  • 相手のことを大切にする

つまり、自分が幸せに感じることが、相手も同じではないとひとりよがりの幸せになり、いつしか亀裂が生じることにもなります。

その辺りも含めて3つの手順でこのブログで解説していきます。

記事の信頼性

私は、大手企業で人材育成の仕事をしてきました、20年間に約500人以上の苦し胸の内の声を現場で直接聞き、多くの人の悩みを解決してきました。

そんな私の婚活ブログを作るキッカケになったのは、本当に多くの女性が恋愛や結婚で悩んでたことです。

なんとしても幸せな恋愛やその先の結婚を、実らせて欲しいとの強い思いでこのブログを立ち上げています。

【人生で多くの修羅場を乗り越えた経験】×【恋愛心理学】×【良書の知識】をかけ算してあるからこそ言える考え方を、すべて無料でお伝えしていきます。

今後の婚活活動の役に立つことを祈りつつ真剣に執筆します。

それでは、さっそく記事の内容をみていきましょう。

【もう時間がない!】33歳女性が結婚して出産する為の3つの手順

ブログの内容は下記のとおり。

結婚して妊娠出産、そして円満夫婦の手順を順番に見ていきましょう。

手順①【婚活】33歳女性が直面する、もう時間がない本当の理由とその解決策

人生の中で、一度も結婚して「自分の子供を育てたい」と思わない女性はいないくらい

ごくごく自然な女性の本能でもある、子供を育てるということが、現代社会においては難しい場面もあるのはなぜでしょう?

  • 女性の社会進出による晩婚化によって、出産しやすいピークからズレる
  • 結婚という制約にとらわれない生き方が増えている
  • 男性の草食化によって、男女の立場が逆転している

一般的に考えられるの以上のことがあるとは思います。

でも、実は本当の理由が存在します。

  • 結婚したいと口では言っても、実は結婚したいと本気で思っていない

いやいや、私は本気で結婚したいし、子供も欲しいって真剣に考えていますと思う方もいると思います。

でも、事実は結婚したいと本気では思えていないんです。

その証拠に、思っているだけで行動に起こしてますか?

今、行動しまくっている人でも、その本気度は本物ですか?

過去の失敗で自信をなくして、もうどこか諦めていませんか?

心の底でなにか引っかかっていることがあると、男性から好意を求められない限り、なかなか女性の方から積極的に行動できませんよね。

特に、33歳女性が直面するのは、妊娠出産です。

あせって、変な男性とも結婚したくないし、だからかと言ってこのままでいいとも思ってはいない。

ただただ、時間だけが過ぎていく。

でも、大丈夫です。

今から、この考え方に挑戦してみてください。

  • 相手の立場を考えることができる人
  • 相手の気持ちを知ろうとする人
  • 相手のことを決めつけない人
  • 相手のせいにしない人
  • 相手のことを考えれる人

つまり、相手のことを大切にできるかです。

結婚して妊娠出産その先の幸せな家庭作りは誰も与えてはくれません。

仮に素敵な旦那様が現れても、自己中心的な言動を繰り返せば、きっと素敵な旦那様も逃げていくでしょう。

でも、どうすればいいの相手のことを大切にできる?

  • 相手のことを大切にするとは、実は自分のことを幸せにすると同じなんです

理由は簡単です。

自分が幸せじゃないと、余裕もなくなり、相手のことを考えたり、気持ちを知ろうとも思えなくなります。

だから、結婚は自分の幸せのためが大前提です。

自分が幸せだから、相手も幸せになれるんです

じゃどうすれば、自分が幸せになれるか?

一言で言えば、挑戦です。

どんなことでも言えますが、自分の思った通りに叶うと信じて行動できる人だけが、挑戦し続けることができます。

自己決定権と言いいますが、自分で決めること、自分で行動に起こすことが何よりも大切です。

幸せを手に入れるには挑戦が必ず必要です、だから失敗という言葉は存在しません。失敗と感じて落ち込んでるから、次の挑戦ができなくなるだけです。

私が好きな言葉のひとつに

  • 下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる

えっ!そんなことと思うかも知れませんが、案外シンプルなことを難しくしているのは自分だったりします。

婚活でうまくいかないのは、単純に数が足りないだけです。

挑戦を何回も繰り返すこと、真剣に目的に向かっているならば、経験を学びに変えて自己成長を続けます。

これが成功の秘訣なんです。

他のブログの記事でも気をつけて欲しいポイントを解説してます。

33歳こじらせ女子の解説記事

先日のツイートです。

立ち止まってもいいです、でも必ず前に進みましょう。

それが、唯一の幸せになれる秘訣だからです。

もしまだ、何も行動に起こしてない人は、はじめの一歩として

無料で大手結婚相談所の資料がまとめて請求ができるサイトもご紹介してます。
※更新情報(2020年10月19日):なんと0円で結婚相談所のパンフレットがもらえます
【結婚相談所比較ネット】経由でのご入会の方に婚活支援金30,000円プレゼントという情報をいただきました。登録は簡単3ステップで時間も約3分でできます。パンフレット代は、無料なのでとりあえず取り寄せてみるのも良いかなと思います。
結婚相談所比較ネットの無料一括資料請求はこちら

手順②【結婚相手選び】子供が欲しいと思ってくてる男性と出会うには


子供が欲しいと思ってくてる結婚相手を選ぶ基準は?

  • 結論:婚活中にちゃんと将来のプランを話し合える人と結婚する

そのための3つの条件

  • 子供が欲しいと願っている
  • 子供が好き
  • 子育てに必要な金銭面や両親のサポート環境

子供が欲しいと願っている

言うまでもなく、子供が欲しいと思っていることは最低条件です。

お互いの価値観がズレていては、仮に子供ができたとしても幸せな生活が送れるという保証は下がります。

ただ、口ではそう言っているけど、両親に早く孫の顔をみせてやりたいなど、動機が夫婦のためでない第三者のための子供が欲しいという価値感なら要注意です。

あくまでも、二人のために共に子供育てしていきたいという主体的な価値感が大切です。

俗に言う、世間体(近所や親戚、職場など)のために結婚して子供が欲しいなんていうことが、婚活中に感じる言動があれば、相手の言葉の真意を確かめる必要がありますね。

33歳になると、おおよそ男性の年齢も33歳~40歳くらいの年齢になるケースが多いと思います。

男性の方も本気子供が欲しいと思っている方も逆に多いですので、ちゃんと将来のことを話し合える人が良いですね。

子供が好き

デートなどで、小さな子供対しての態度や表情、態度はよく観察する必要があります。

口では子供が好きと女性に合わせていても、普段の何気ない状況になると素の自分でます。

男性もともとは、子育てなどにはあまり関心のない人が多いのも事実です。

ただ、子供がもともと苦手で最悪暴力を振るうなど、毛嫌いするひとも一定数はいるので、よくよく普段からの態度をよく観察しましょう。

特に、イライラしたり、許容範囲が狭いひとは、子供のワガママな態度に対して言うこと聞かせようとヒステリックになりやすいですので注意が必要です。

子育てに必要な金銭面や両親のサポート環境

意外と重要なのが、子育てができる環境です。

  • 結婚相手の経済力
  • 結婚相手の仕事で注意する点
  • お互いの両親の距離

結婚相手の経済力

経済力は、言うまでもなく必要です。

安定した収入があるのかと男性の仕事に対する考え方を知っておきましょう。

今の世の中、安定した会社で一生働けるなんてことも少なくはなっています。大手すらリストラが公然と行われており、社会情勢によっても大きく左右される時代です。

まずは、現時点でも安定した企業なのか、将来性のある業界なのかを調べることはできますので、リサーチしておくと良いです。

おすすめは、ネット関係やプログラミングなどの専門性の高い職種はかなりの確率で優良な企業が多いです。

結婚相手の仕事で注意する点

結婚相手の仕事で一番注意する点があります。

将来独立したいという、結婚相手はよく話し合いことが必要です。

独立自体が決して悪い訳ではありません。

ただ、あきらかに参入が厳しい業界や、今の仕事がイヤだから独立するなど、計画性もなく独立するのは危険としかいえません。

それは、ただの博打ともいえます。

知識が足りない場合は、かなりの確率で失敗します。

衝撃の事実をお知らせします

創業して10年でなくなるベンチャー企業は93.7% さらに20年後だとたったの0.3%しか生き残れません

飲食店に至っては、諸説ありますがさらに厳しく、10年後に廃業する飲食店は97%にも及びます。

これは個人でする場合、廃業届を出さない場合もあります、ですので実際はもっと厳しいのかもしれません。

こういった現実を知ってか知らないかは分かりませんが、子供の頃から夢でラーメン屋を開業してしまったら、金銭面や家族の時間などかなり失うものがあると覚悟が必要です。

ですので、安定したスキルアップで転職する場合は良いのですが、あまり無茶な考え方の男性とは結婚すれば、その後の人生は厳しいものになる確率は上がります。

もちろん、天性の起業家の人もいるかもしれませんが、なかなかいないのも現実です。

お互いの両親の距離

遠くに両親がいる場合、子育てのときに何かと頼ることができずに不便な場合が多いです。

もちろん、両親との関係性が悪いなら別ですが、ほとんどの両親は孫のことはかわいいもんです。

過度に頼るのはもちろんダメですが、たまに頼ることで、心にも余裕ができるので、車で何時間もかかる場所に住むよりなるべく車で30分以内の距離に住む方が良いでしょう。

ですので大前提として、婚活中にちゃんと将来のプランを話し合える人と結婚することがとても大切です。

ただ、注意点としては、初めて会ったときに、いきなり将来のプランの話を質問されても、男性は引いてしまいます。

まずは、相手とのフィーリングを確かめつつ、さり気なく将来のプランについて聞くことをおすすめします。

手順③【妊娠出産】出産後に注意するべき幸せな家庭を築くために必要こと


めでたく妊娠出産を終えて、いざ本格的に子育てがスタートしてけれど、うまく行かずに最悪離婚するケースもあります。

ですので、シングルマザーにならないためにも、子育て期間に大切にしないといけないことを説明します。

  • 結論:旦那さんをほったらかしにしない

子育て中の女性は、とても精神的にも肉体的もかなりの負担がかかります。

もちろん、優先順位の第1位は子供です。

そうなると、男性はかまってもらえず、他の女性に目移りしたり、すねてしまい夫婦喧嘩が増えてしまうなどの悪循環に陥ります。

そもそもなぜ?男性は子作りに対抗感を感じるのか

男性もバカじゃないので、妊娠出産をして子供ができれば、女性は子供が優先になるのを知っているからです。

でも、自分はこれまで通り上手くラブラブな関係が崩れることはないと、どこか変な慢心があり、それが現実では木っ端みじんに打ち砕かれる訳です。

子供と奥さんとの取り合いで完全に敗北してしまう現実を知ったとき、夫婦仲をどう保てるかが、非常に大切です。

子煩悩な男性なら、子供への愛情の高いので、子供と奥さんの間で上手く夫婦関係を保つこともできます。

でも、多くの男性は今まで独り占めしていた奥さんを、いとも簡単に子供に奪われたことへのショックで、落ち込んでいることをまずは知るが大切です。

じゃあどうするか?

  • 子育てに参加してもらう、一緒に育てること
  • 少しの時間でもいいので、旦那さんを男性として接してあげる時間を作くる

子育てに参加してもらう、一緒に育てること


どうしも子供中心の生活になりますので、男性にも協力をお願いする場面もあると思います。

しかし、注意点があります。

ここの部分を守らないと、夫婦2人の距離感が一気に開きます。

  • 男性に何か手伝ってもらった場合、完璧を求めない、感謝の気持ちを伝える

いやいや、なんでそんなこと?

そんなの旦那なら手伝って当たり前じゃない?

と思うかも知れませんが、ここでも相手の気持ちを知ろうすることが大切です。

女性と違い男性は出産する訳ではないのでもちろん体の変化はありません。

そして、女性は出産することで母性本能がMAX状態になり、心も体も子育てモードになります。

つまり、男性にとっては今まで2人しかいない空間に突如現れた子供に対して、気持ちの切り替えが全くできていない状況でもあります。

なかなか女性には理解し難い感情があるのを分かって頂けるといいのですが、、、。

先日のツイートです。

たとえば、洗濯物のたたみ方が雑だからと言って、目の前でやり直すなどは男性の自尊心も傷つけることもなります。

女性は、特に子供の世話をしてると、どうしも感情的になってイライラしがちです。

長い夫婦生活を営む上で、2人で協力して子育てすることが子供にも良い影響を与えますので、旦那さんのことをあまり攻めずに、逆に仕事や育児で疲れているのはお互い様、だからこそ協力して子育てをしようとすることが何よりも大切な考え方です。

決して、完璧を求めずに、徐々に練習して上達していくのをサポートしていきましょう。

少しの時間でもいいので、旦那さんを男性として接してあげる時間を作くる

男性として接する時間が、めちゃくちゃ重要です。

下記の記事でも紹介しましたが、健全な男性はとても性欲が強い傾向です。
(気になる方は、ご覧いただけたらと思います。)

【女と男】なぜわかりあえない?の解説記事

ですので、ある程度ルールを決めて、夜の営みも意識的に作ることが、浮気防止にもつながります。

子育ては忙しく、それどころじゃないと感じるかも知れません。

ただ、性行為以外にも、夫婦だけの会話や食事ちょっとした買い物など、子供を両親に預けてデートするなど、子育て以外でも、夫婦生活をちゃんと楽しむことが重要です。

  • お互いの気持ちを、ちゃんと話し合える関係を作ることが大切です

婚活中でも、この人なら相談できる、気持ちをちゃんと受け止めてくれるなど、相手が将来のことをしっかり考えてくれる男性に出会ったなら結婚後も良い関係が続く可能性が高いといえます。

【追伸】33歳女性が結婚するために必要な考え方


33歳という年齢は、非常に大切な歳といえます。

一般的に35歳が妊娠出産のギリギリのラインともいえます。

そうなると、計画的に考えても以下のプランが33歳女性が考えないといけない期間となります。

  • 夫婦生活を1年間は楽しむ(33歳)→妊娠期間約1年(34歳)→子育てスタート(35歳)→子供が20歳(55歳)

2人目、3人目が1年間隔で授かることができれば、子供全員が20歳になったしても50代で成人のお祝いができます。

ですので、33歳は非常に大切な節目歳ですので、婚活を真剣に考えているなら、人生でたった1年間は婚活に集中することをおすすめします。

※尚、あくまでも一般的に言われている年齢です。妊娠出産に関しては、個人の差もあり一概に言えませんので、専門の病院でご相談ください。

無料で大手結婚相談所の資料がまとめて請求ができるサイトもご紹介してます。
※更新情報(2020年10月19日):なんと0円で結婚相談所のパンフレットがもらえます
【結婚相談所比較ネット】経由でのご入会の方に婚活支援金30,000円プレゼントという情報をいただきました。登録は簡単3ステップで時間も約3分でできます。パンフレット代は、無料なのでとりあえず取り寄せてみるのも良いかなと思います。
結婚相談所比較ネットの無料一括資料請求はこちら

ここまで読んでいただきありがとうございます。

このブログの内容が、結婚そしてその後の結婚生活によりより効果がでることを願ってやみません。

随時、新しい情報を発信していますので、気になる方はブックマークにいれるなどして、いつでも読めるようにしておいて下さいね。

関連記事も載せてありますので、気になる方はご覧ください。

人気記事【結婚は最短3ヶ月できる】結婚相談所で失敗しない婚活の始め方

人気記事【完全初心者】マッチングアプリの始め方【3つの手順で解説】

人気記事結婚前のダイエットは、ライザップ一択です【結婚式に間に合わせる!】