Written by ichigo

【未婚女性50歳の現実】結婚できないと起こる悲劇【まとめ5選】

婚活コラム

50歳未婚女性「婚活なんてしなくても、絶対結婚できると思ってました。でも、現実は甘くありません…昔はあんなにモテたのに気づけば周りは全員結婚。50歳になって未婚の女性はホントに辛いんです…どうしたら良かったのでしょう。」

こんにちは、ichigoです。
今回は「50歳の未婚の女性が起こる悲劇の内容とその解決策とは?」これから婚活を考えている婚活女子に向けて深掘りします。

この記事を読むことでわかること
  • 50歳になると分かる悲劇5選
  • 悲劇を起こさないための解決策
  • あなたの、婚活のヒントになればと思います。

    3分ほどで読み終えると思いますので少しお付き合いください
    それではさっそく始めていきますね。

    【未婚女性50歳の現実】結婚できないと起こる悲劇【まとめ5選】

    本記事の内容

    未婚女性50歳の悲劇①20代ときは絶対結婚できると思っていた…

    50代未婚女性が必ず言われるのが…

    • 20代のときは「絶対結婚できる」と思っていた…

    なぜなら、20代は人生最高のモテ期なんです!

    理由は簡単、男性は若い女性が大好きだからです。

    社会人として会社に配属される年齢は、おおよそ20代前半ですよね。

    会社の、同僚や先輩または上司の男性からチヤホヤされがちです。

    例えば、飲み会があれば必ずお誘いがあるでしょうし、困ったことがあればすぐに周りの男性が助けてくれます。

    また、恋愛でも気に入った女性にはどんどんデートのお申し込みきます。

    いやーこの状態になると、いわゆる「モテ期が来たー!!」状態ですので、20代だと男をふってもすぐに新しい彼氏が見つかるから、そのうち結婚できると勘違いしてしまいます。

    もちろんその人の魅力もありますが、男性は好きになるハードルが女性に比べてかなりかなり低いです。

    誰でもいい訳ではないですが、ぶっちゃけほんの些細なこと、例えば笑顔で「○○○さんって優しいですね」の言葉でも簡単に好きになってしまいます。

    ですので、男性からのアプローチも20代は人生の中で一番多いともいえます。

    初婚の年齢のグラフがあるので参考にしてみてください。

    厚生労働省の資料による初婚の年齢グラフ

    平均初婚年齢 – 厚生労働省

    2019年 厚生労働省 調査結果
  • 男性 平均31.2歳
  • 女性 平均29.6歳
  • 残酷なお知らせですが、やはりグラフをみても分かるように

    • 20代女性がモテる第一条件が「若さ」です

    結婚できる年齢が、全国平均でみても、30歳手前で結婚される方が多いことが分かります。

    20代は女性にとっては婚活のゴールデン期間といえます。

    でも、未婚の女性の多くが20代モテ期時代が永遠につづくと思ってしまう…

    「自分は大丈夫」となぞの自信がある女性が多いだけに、あなたはそうならないように注意してくださいね。

    なぜなら、男性は自分の遺伝子を確実に残そうとします、イヤらしい意味ではなく男性の機能ともいえます。

    ですので、より健康で出産確率が高い若い女性を当然好むことになります。

    事実、男性は何歳になっても若い20代女性を好むことが科学的に証明されています。

    しかし、30代になると、悲しい現実が待ち構えており、モテ期時代から非モテ期へ世界が一変します。

    男性からのお誘いは一気に減ります。

    理由として、30代未婚の女性に対して男性は何かしらのマイナスイメージが先行してしまいます。

    • もうすでに彼氏がいるだろう…
    • 30代で未婚って何かクセがあるのかな…
    • 結婚願望がそもそもないんだろうか…
    • 結婚しても子供ができる可能性あるかな…
    • 仕事をバリバリしてるから恋愛より仕事優先っぽいな…

    つまり、男性からみれば30代過ぎても未婚の女性に対して、積極的にアプローチする要素がどんどん減る訳です。

    40代になると状況はさらに深刻です。

    40代の女性が結婚できる可能性は、2015年の総務省・国勢調査ですと

    5年以内に結婚できる確率
  • 40歳  9.3%
  • 41歳  7.6%
  • 42歳  7.1%
  • 43歳  6.0%
  • 44歳  5.5%
  • ただ、年々晩婚化が進んでいるので、ひと昔前のような1%しか結婚できない状況ではありません。

    しかし、それでも40代の女性が結婚できるのは、10人中1人以下の狭き門には変わりありません。

    あなたはこの現実を理解できますでしょうか?

    自分は大丈夫って思っていませんか?それでは、次の章では未婚女性が待ち構えている問題をさらに深掘りしていきます。

    未婚女性50歳の悲劇②経済的な負担

    • 50代未婚女性の大きく壁が経済的な負担がある

    というのも、未婚女性の収入源は自分の稼いだ給料がほぼすべてだと思います。

    正社員でそれなりの地位まで登り詰めれば、ある程度の貯蓄もできるとは思いますが…

    しかしながら現実的には、男女格差はまだありますし、50代未婚女性だと生活に困窮している人が多いのも実情です。

    金融広報中央委員会 「家計の金融行動に関する世論調査(単身世帯調査)2020年

    預貯金平均額
  • 30代  167万円
  • 40代  263万円
  • 50代  322万円
  • 60代  555万円
  • 調査による数値は、あくまでもデータは平均値です。

    なぜなら、貯蓄ができていない人の割合は41.1%もいますので、現実的にはもっと厳しい人が多くいるといえます。

    結婚して旦那さんの稼ぎを生活費に、奥さんはパート代を全額貯蓄に入れることができれば平均値より高い貯蓄が可能です。

    家賃や生活費では共有することも多くあるので、女性が未婚のままで貯蓄をするよりも夫婦二人で共稼ぎすれば多くの貯蓄が可能になります。

    50代未婚女性でも、生活面だけでは生きてはいける時代ではありますが、仕事とプライベートの往復で、自分の生活と仕事との単調な生活になりやすく、生きがいをなくしがちです。次の章では、なぜそうなるかを深掘りしていきます。

    未婚女性50歳の悲劇②交友関係がなくなる

    • 50代未婚女性は、周りの友人知人との距離感が生まれる

    なぜなら、結婚していなければ、子どもの話題や主人の愚痴をいうなど共通の話題も少なくなります。昔から友人でも、自分の今の状況を話すにはかなりの勇気が必要ですし、結婚して子どもがいる友人との格差を感じてしまい、どことなく後ろ向きな気持ちになってしまいます。

    また、周りも気を使って、なかなか踏み込んでこなくなりますので、自分から積極的に趣味やコミニュティに参加するのが苦手ならば、状況は深刻です。

    自分のことを大切に思ってくれる人はもうこの世にいないとも思えるほど、精神的に追い込まれる可能性があります。

    仕事と自分の時間をただ単調に繰り返す、休みの日も家でゴロゴロ特に何かしようとも思わない…活発な性格であればいいですが、どうしても家に閉じこもり気味になります。

    年をとればとるほど、何かをしようとするモチベーションは下がります。

    交友関係を意識してもつ、ボランティア活動や趣味のサークルなど、人と繋がることをで自分だけの世界ばかりを作らないことが大切です。

    ただ、現実的には内向的な性格だとモチベーションはどんどん下がり孤独との戦いです。

    次の章では、未婚女性50歳の孤独との戦い、人生後悔の日々について深掘りしていきます。あくまでも最悪のシナリオですが、でも事実としてある話です。自分は大丈夫と思わずに読んでください。

    未婚女性50歳の悲劇③孤独との戦い


    50代未婚女性は、孤独との戦いです。

    なぜなら、兄弟たちは結婚してそれぞれの生活がある、親戚付き合いや近所付き合いもあまりないと天涯孤独にも思える気持ちになります、しかも人と人とのコミュニケーションが減っている現代社会。

    • あなたに手を差し伸べてくれる人はいません

    悲しい現実ですが、ひとり暮らしの年配層が増えると、必然的に孤独死も増えます。

    地域にコミュニティがあるような場所に住めればまだ安心できますが、あまり多くあるとはいえません。

    なぜそうなるか?

    それは、現代社会は、便利な世の中だからです。

    なぜなら、日本ではひとりでも生きていけます。娯楽や食事などの生活面も日本では充実しています、もし仮に収入がなくなっても最終手段で生活保護も受けることができます。(2021年現在では、生活保護のために使われる国の予算は2兆円と膨大に膨れ上がっています)

    ただ、「ココロ」の部分では果たして幸せなのでしょうか?

    つまり、孤独とはココロとの戦いです、物質的な豊かさではココロは満たされないんです。

    50歳は人生折り返し地点です。

    50代未婚女性がココロの孤独が一番キツイんです…

    しかも、これだけでは終わりません。まだあるの?と思うかもしれませんが…本丸は親の介護です。

    デリケートな問題でもありますが、親の介護はこれから迎える超高齢化社会が抱える最大の問題でもあります。次の章では親の介護について深掘りしていきます。

    未婚女性50歳の悲劇④親の介護

    • 50代未婚女性は、親の介護のタイミングが最悪のシナリオになる可能性!?

    女性が50歳を迎えるころには、親の年齢も70歳以上がほとんどですよね…

    平均寿命はどんどん伸びており、良くも悪くも人生100年時代の超長寿時代がきます。

    内閣府の調査

    男女ともに80歳を超えてきています。

    しかし、この数値だけではわからない、忘れいけないのが健康寿命です。


    健康寿命 – 厚生労働省

    データから見ると

    • 健康寿命は、死去の約10年前で終わっている

    ちょっと待ってよ、と思いたくなる数値ですが「死去する前の約10年間は介護が必要」な状況になるということです。

    事実、50歳を迎えるころに親の介護がスタートする人がでてくることになります。

    当然、多くの時間を親の介護に費やすため、今の仕事が続けることが難しく正社員を辞めるケースも…そうなると生活は一気に困窮します。

    ここまでくると貯金を切り崩し、時間の融通の効くパートタイマーとして勤務し、時間も金銭面でも余裕がなくなります。

    しかし、結婚していれば、夫婦どちかが交代でみたり、子どもがいれば多少頼れることもできます。

    未婚の場合は、自分しかいないため、すべて自分でしないといけません。

    親の介護問題は、精神的・肉体的・金銭的の多くの負担を強いられます。

    いやー想像しただけでも恐ろしい、暗黒の10年が確定…最悪のシナリオを回避することを真剣に考えないといけません。

    そこで、最後に50代未婚女性が、この最悪のシナリオにならないための解決策を話していきます。

    50代未婚女性に起こる、最悪のシナリオからの解決方法とは?


    結論から言えば

    • 物質的な豊かさより、ココロの豊さを大切にする

    そのためにすることは行動力!!

    • 人生は一度だけ、思いっきり行動してみよう

    結婚することは、経済的な豊かさとココロの豊かさが同時にも手に入ります。

    なぜなら、旦那さんの収入と自分の収入で家計は安定しますし、家族でのイベント、旅行や家族団らんの食事など、たくさんのイベントがあります。

    そこには、ひとりじゃない生活があります。

    行動力とは、自分がその気にならないと挑戦しようとはなりません。

    そこで長文にはなりますが、スティーブ・ジョブズの言葉をお伝えします。

    Appleの創業者でもある故 スティーブ・ジョブズの言葉

    2005年に米スタンフォード大学の卒業式のスピーチが大変有名ですので紹介いたします。

    私は17歳のときに「毎日をそれが人生最後の一日だと思って生きれば、その通りになる」という言葉にどこかで出合ったのです。それは印象に残る言葉で、その日を境に33年間、私は毎朝、鏡に映る自分に問いかけるようにしているのです。

    「もし今日が最後の日だとしても、今からやろうとしていたことをするだろうか」と。「違う」という答えが何日も続くようなら、ちょっと生き方を見直せということです。

    自分はまもなく死ぬという認識が、重大な決断を下すときに一番役立つのです。なぜなら、永遠の希望やプライド、失敗する不安…これらはほとんどすべて、死の前には何の意味もなさなくなるからです。

    本当に大切なことしか残らない。自分は死ぬのだと思い出すことが、敗北する不安にとらわれない最良の方法です。我々はみんな最初から裸です。自分の心に従わない理由はないのです。

    誰も死にたくない。天国に行きたいと思っている人間でさえ、死んでそこにたどり着きたいとは思わないでしょう。死は我々全員の行き先です。死から逃れた人間は一人もいない。それは、あるべき姿なのです。

    死はたぶん、生命の最高の発明です。

    それは生物を進化させる担い手。古いものを取り去り、新しいものを生み出す。今、あなた方は新しい存在ですが、いずれは年老いて、消えゆくのです。深刻な話で申し訳ないですが、真実です。

    あなた方の時間は限られています。だから、本意でない人生を生きて時間を無駄にしないでください。ドグマにとらわれてはいけない。それは他人の考えに従って生きることと同じです。

    他人の考えに溺れるあまり、あなた方の内なる声がかき消されないように。そして何より大事なのは、自分の心と直感に従う勇気を持つことです。あなた方の心や直感は、自分が本当は何をしたいのかもう知っているはず。ほかのことは二の次で構わないのです。
    引用:日本経済新聞

    人それぞれ感じ方は違うとは思いますが、一言で言えば

    • 自分の人生は自分で決めること

    と書かれているスピーチだと思います。

    50歳の未婚女性は、環境的には孤独になりやすく、どうしも気持ちが内向的になります。

    そして、変えることができない「過去」に後悔をします。

    20代からの人生を時系列で簡単に紹介してきましたが、そのときそのときであなたは最良の決断ができていましたか?

    間違ってもいいんです。

    間違っていたら、その間違っていた点を次に生かすことができれば、財産になります。

    しかし

    • その場に雰囲気に流されたり
    • めんどくさいから決断できなかったり
    • 自信や勇気がなくてやらなかったり

    ただ、後悔して他人や社会のせいにしてるだけの自分ではなかったですか?

    今、この記事を読んでいる人に言いたいことは、ひとつだけです。

    • 今が人生で一番若い

    世界の著名人が言われいたり、日本では永六輔さんの言葉が有名です。

    故 永六輔さんの言葉
    「人間、今が一番若いんだよ。明日より今日の方が若いんだから。いつだって、その人にとって今が一番若いんだよ」

    まだまだ、人生これからです。

    先日のツイートです。

    どんなときでも、笑顔で明るく前を向いてください。

    たった一度の人生、今この瞬間の決断が未来をつくります。

    結婚する決断・結婚しない決断は本人の意志です。

    今回の記事の内容がすべての人に当てはまる訳ではありませんし、結婚しなくても幸せな人生を送れる女性もいます。

    ただ、現実的には起こり得る悲劇の可能性を、どう回避すればいいかを「今」この瞬間によく考え行動することが大切です。

    あとで後悔しない選択を決断するのは、あなた自身です。

    もし、結婚を真剣に考えているならば、当サイトでも紹介している結婚相談所をご紹介しています。

    興味のある方は無料相談や無料資料請求もできますので、ご覧ください。

    もしあなたが50歳以降なら、結婚相談所一択です、特に結婚相談所 MUSBELL(ムスベル)は50代未婚女性にベストです。

    ※更新情報(2021年5月12日):シニア婚でも大丈夫!
    結婚相談所 MUSBELL(ムスベル)は全額返金保証キャンペーンがあるとの情報をいただきました。全額返金保証もできるし、とりあえず無料の資料請求を試してみるのが良いかなと思います。» MUSBELL(ムスベル)の無料資料請求はこちら

    やっぱり大手の結婚相談所で始めたい方には、こちらの記事をどうぞ!

    結婚相談所が始め方がわからない方に、こちらの記事をどうぞ!

    費用がお値打ち!婚活マッチングアプリでまずは始めたい方は、こちらの記事をどうぞ!

    幸せを呼ぶ婚活blogでは、他にも結婚相談所・マッチングアプリ・婚活成功の秘訣など記事をアップしております。関連記事も掲載していますので、よろしければご覧ください。

    ここまで読んだいただき、ありがとうございました。

    ではまた、次の記事でお会いしましょう!


    婚活ランキング
    にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ
    にほんブログ村

    人気記事マッチングアプリで結婚したい婚活女子へ【おすすめ婚活アプリ3選】

    人気記事【大手の結婚相談所3社を徹底比較】失敗しない結婚相談所の選び方

    人気記事【オンライン婚活】おすすめのオンライン結婚相談所3選を比較