Written by ichigo

【結婚生活が不安な女性へ】結婚で失敗しない夫婦円満な考え方7選

婚活コラム

結婚生活が不安な女性「結婚生活に対する不安でいっぱいです。これから結婚する人にアドバイスをして欲しい、夫婦円満に過ごせるなら結婚したいって思えます。具体的な考え方を教えてください。」

こんにちは、ichigoです。今回はこのような悩みにお答えしていきます。

本記事のテーマ

目次

【結婚生活が不安な女性へ】結婚で失敗しない夫婦円満な考え方7選

結婚で失敗しない夫婦円満な考え方7選

読者さんへのメッセージ

本記事では「結婚したいけど、そもそも結婚生活に自信がない。夫婦円満で暮らしてる話をあまり聞かないから結婚生活のイメージが良くない。どうすれば夫婦円満で暮らせるかが分からないよ」という方に向けて執筆しています。

この記事を読むことで、結婚生活に対する不安が取り除かれ、夫婦円満で過ごせる考え方が身につきます。

記事の信頼性

事実、私は今まで大手企業で、20年以上おおよそ500人もの人生相談を直接受けて、一緒に悩んで解決してきました
人生で多くの修羅場を乗り越えた経験×恋愛心理学×良書の知識をかけ算してあるからこそ言える考え方を、すべてお伝えしていきます。

今後の婚活活動の役に立つことを祈りつつ真剣に執筆します。
それでは、さっそく記事の内容を見ていきましょう。

結婚で失敗しない夫婦円満な考え方その①「ドキドキ」より「コツコツ」秘訣はルール作り


恋愛は相手にドキドキした甘~い感情を抱きますよね。

結婚はドキドキした感情はいずれ消えることを、知るところからスタートです。

のっけから、テンション下がる内容ですが
事実ベースで男性の恋愛感情は長くても3年間と言われています。

3年目の浮気と聞いたころがある人もいるとは思いますが、本能的に3~4年したら、どんなに理想な相手で他の女性に目移りしがちになります。もちろん奥さん一筋で絶対に浮気しないと男性もいるとは思いますが、本能的に問題なのでココでは割愛します。

下記の本に参考していただくと、より理解が深まります。

愛はなぜ終わるのか―結婚・不倫・離婚の自然史 ヘレン・E・フィッシャー (著), 吉田 利子 (著) 

人の本能的な行動、ダーウィンの自然淘汰説をベース切り口にした結婚と離婚の価値観について書かれています。人がお猿さんの時代の生活様式や古代からの受け継かれている恋愛事情など、歴史を紐解きながら、なぜ離婚してしまうのかが書かれています。不倫は自然なこととして、なぜそのようになるのかが、人類進化を紐解きながら解説しています。挑発的なタイトルだが、それも納得できるロマンティックな考え方より、より総合的な観点で離婚についてどうすればいいのかが客観的な点でみることができる一冊です。

» 【Amazon】

人類の歴史からみても、不変の恋はありえないです。

おじいちゃん、おばあちゃんになっても夫婦仲良くしている人たちがいるのはなぜ?

ドキドキした感情はもちろん始めは必要ですが、それは最初だけ!
おじいちゃん、おばあちゃんがいつもドキドキした感情で暮らしてる訳ではありません、それは毎日の積み重ねで夫婦仲良くできているんです。

  • 毎日のコツコツした習慣による愛情の積み重ね

なるほど!ではどうしたらそんなことができるの?

毎日の「おはよう」あいさつや「好きだよ」愛情表現の言葉などコツコツした習慣化した生活スタイルが大切なんです。

「なんでも始めが肝心】と言うように結婚するときに、夫婦でルールをつくることをおススメします。

結婚当初は行ってきます!のキスがあったけど、1年もしないうちになくなった…。

このような話はよく聞くと思います、感情だけでは続かないんです。

習慣化することが必要・ルール化することが必要なんです

できるだけ、細かく具体的な内容が良いです。
家族会議で、中身の変更や訂正は随時しても構いませんが、ここは変えちゃダメって思うルールは慎重に変更しましょう。

夫婦のルールでおすすめ内容

  • 金銭面の分担はどっち?
    給与・おこずかい・貯金など、具体的な額や振込先など
  • 家事の分担はどうする?
    洗濯・お風呂掃除・ゴミ出し・ご飯の用意など
  • 子育ての分担はどうする?
    出産の計画・子供のお風呂・子育て方法・塾など
  • 記念日の分担はどうする?
    誕生日・記念日・旅行の計画など
  • 仕事のどうする?
    奥さんのパートの有無・転職したいときの相談・転勤になったときなど
  • 家族会議はどうする?
    家族会議方法・家訓の共有・家族内の決め事など
  • 浮気問題はどうする?
    交友関係はどこまで・浮気したとき・宿泊するときなど
  • 性的な問題はどうする?
    スキンシップ・夜の営み・いってきますのキスなど
  • ケンカのとどうする?
    仲直りの仕方・仲直りの合図・怒っているときの知らせ方など
  • お互いの家族との関わり方はどうする?
    あいさつの頻度・お歳暮やお中元・両親の誕生日など

夫婦で決めたことは、ノートに書いた保存しておく・重要なことは張り出しておく

口約束は、ほぼ効果なしです。

必ず紙に書いて(パソコンでもOK)保存しておきましょう。
何年かすると必ず風化していきます、でもこのノートがあることで風化させない要因になるからです。

特におすすめは、重要なことは目につくところに張り出します。

これは【単純接触効果】の心理を利用して毎日見ることで脳にインプットされていくからです。

家族会議(夫婦の会議)は、必ず行いましょう!

会社でも同じですが、コミュニケーションの量が大切です。お互い普段は言えないことも、家族会議を利用して改善することが夫婦円満の秘訣です。

あんまり決めると堅苦しくなると思うかもしてませんが、逆に何も決めずに結婚生活をスタートしたときに、ルールがなかったらどちらかが損をすることにもなり、イヤな思いがたまっていきます。

毎日のことなので、もしも一度辞めてしまうと、次にまたやりだすの勇気がいります。たとえば、毎日の愛情表現って、始めは感情のままに抵抗なく言えますが、仮にでも1年間ブランクがあると途中から「好きだよ」のひとことが言えますか?

おそらく、恥ずかしいとか、今さら言うのに勇気がいるなど、言えないと思います。

ですので、ドキドキした感情よりコツコツした習慣が夫婦が末永く仲良くなる方法です。

結婚したい!相手がいない女性が結婚できる考え方その②無理にがんばらない【自然体】


先日のツイートです。

恋愛中は相手に合わして、無理にがんばったりしたりしますよね、だって嫌われたくないですし、共通点が多いほうが盛り上がるから。

夫婦生活がスタートすると、そんな生活を一生続けますか?
おそらく、疲れてしまいます。

結婚相手になる人は、一緒にいても居心地が良い、無理にがんばらなくてもいい人が良いですね。

これが、恋愛相手と結婚相手とではタイプが別れると言うことです。

自然体にいることが、自然。

無理に相手に合わして、がんばらなくてもいいんです。自分が成長すればするほど、自然と結婚相手もあなたにあった相手になるんです。

いきなり、財布に1万円しかないのに高級バックを買いに行っても買えませんよね、財布にちゃんとお金を用意しないと相手にもされません。

結婚相手も同じです。

無理して借金までして買ったバックでは、がんばって返済をし続けることになりとても不安定になります。仮に高嶺の花の結婚相手と結婚できてもそんな生活では疲れてしますよね。

長い結婚生活では、がんばらなくても自然体で付き合えるひとが理想と言えます。

結婚で失敗しない夫婦円満な考え方その③疑ってもメリット0


男性の浮気の心配はいつの時代も同じです。

男性の浮気を調査したり、どんなに疑ってみても100%安心は存在しません。

  • どんなに浮気調査しても、100%安心はできません。
  • いくら旦那のことを信じても100%信用できません。

じゃあどうしたらいいの?
そもそも、浮気をしてしまう環境を作ってしまったことが原因だと知ることが大切です。男性は愛情不足になると、満たされない心のすき間を埋めようと浮気に走る傾向が高いであう。

答えは、愛していると伝えて続けること

  • 態度だったり
  • 言葉だったり
  • スキンシップだったり

そのあなたの愛情表現こそ、浮気防止になります。

男性は、ここまで俺のことを愛してくれる妻を裏切ることに罪悪感を抱きます。
またそれだけ愛してくれる妻にお返しをしたいという【返報性の原理】が働きます。返報性とは、相手から何か頂いたら、そのお返しをしないといけない心理のことです。

この愛情が無くなれば、男性は違う女性にその愛情を求めることになります。

これが浮気の原因のひとつです。

もし結婚相手が病的に女性が好きな浮気性のひとなら、結婚生活は諦めましょう。そもそも理性が働かないひとでは結婚生活はうまくはいきません。

疑うことより、愛情を注ぐことの方が断然浮気防止になります。

恋愛感情から信頼感情へ移行が大切です

ひとつだけ注意点があります

女性の感は男性より鋭く、ウソを見抜く能力は長けていますが、これが結婚となるとやっかいなセンサーになります。

強力なセンサーで目を光らせていると、些細なことまで気になりだして、余計に相手へ不信感が増します。

どうしても、心配な人はこの一言でかなり効果があります。

「もし、浮気したら100%別れます。」

これだけでOk 仮に浮気をされたとして本当に別れかはそのときの状況で決めればいいです。

いい意味での脅しは必要です。

恋愛以上の信頼関係が夫婦二人には必要です。
恋愛はいいところだけを摘まんで、悪いところは蓋ができます。
でも結婚して夫婦になれば、悪いところも、よいところに変換して、プラス思考にしていかないといけない。

男性に安心・安定・安全だと思わせないことが大切です

男性は、女性が絶対にどこにも行かないと安心すると、他の女性に目移りする可能性があるからです。男性には「本能的に多くの子孫を残す」という本能が搭載されています。

なかなか厄介な機能なので、強めにこの「もし、浮気をしたら離婚する」を伝えましょう!

愛情を注ぎつつ締めるところは、しっかりと締めることがオススメです。

始めのころのような、ドキドキした恋愛感情は、いつまでも続きません。

もちろん工夫次第では、いつも新鮮でいようとすることも不可能はないですが、余程フィーリングが合うなどの特別な要因がないとできないです。

結婚で失敗しない夫婦円満な考え方その④ひとりの時間をお互い大切にする


先日のツイートです。

お互いの距離感は意外と難しく、しかも大切です

どうしも結婚前とは違う夫婦生活がスタートします、毎日同じ場所に一緒にいてもいることは、始めはもちろん楽しいです。

しかし、同時にプライベートな時間が減ることも意味します。

そんなことはわかって結婚するのですが、現実は今までゆっくりテレビを観てる時間すらなくなる訳です。

ちゃんとプライベートな時間を確保すると、決めておくことがオススメです。

たとえば、趣味の読書の時間を始めから決めておく、週に1回は好きな映画をひとりで観に行く、月に1回はエステに行くなど、自分がひとりで使う時間を決めておくと、二人でいる時間にも良い影響がでます。

プライベートな時間でしっかりストレス解消ができるので、二人でいるときも充実感が増すからです。

なんでも一緒では、お互い疲れてしまうからです。

依存関係から自立関係への移行が大切です

恋愛はある程度、お互い依存関係でも成立します。

でも、結婚したらこの依存関係は自立関係への移行が必要です。

依存度が高く、いつもベッタリくっついていると長い夫婦生活では疲れてしまいます。

いつもベッタリではなく、お互いの違う時間を大切にする、趣味や友人との付き合いなど、ただ夫婦二人の時間も大切にする。

ある意味、メリハリをしっかりつくることで、飽きることがない自立した関係性が大切なんです。

それをお互い理解した上で、お互いの時間という貴重な存在を使う。

週に1回はデートはデートをするや月に1回は日帰り旅行に行くなど新鮮な気持ちでなれる日を作ること、より二人の関係性が良くなると言えます。

結婚は愛情が分散されていく

恋愛は、もっともコアで濃密な関係ですが、結婚すればその濃密な部分を分散していく必要があります。

生まれてくる子供、親戚、お互いの両親、近所の人etc…

人の愛情は無限ではありません、よく子供ができると夫婦関係が悪くなる、奥さんが旦那をかまってくれなくte…なんて話は聞いたころがあると思います。

じゃあどうすればいいか?

夫婦二人でたくさん話し合うことです

コミュニケーションの量にこだわってください。

何か問題があったら、数多く家族会議(夫婦の会議)をするんです。

話し合いをやり続ける勇気があれば、必ず愛情のバランスが保てます。

明るい未来の設計図を二人でつくろう

恋愛は、いつ突然分かれば来るか分からないある意味不安定な関係です、でも結婚して夫婦になれば、突然別れが来ることは基本ありません。

しかし、ある意味で言うと実は、結婚は恋愛より不安定とも言えます。

それは安心という名の無関心が始まるからです。

事実、何もしなくても婚姻届という名の紙きれ1枚で契約しているので、放置してても大丈夫という感情が芽生えてしますからです。

心が動くような明るい未来の設計図を二人で、ちゃんと話し合うことで

もっと幸せに、もっと楽しく、もっと明るく、もっと愛し合える、もっと新鮮、もっとワクワク、もっとドキドキ

ができる、安定した二人の関係が築けます。

ふたりで実行することを意識してつくるんです、自分勝手にはできないし、相手任せっきりでもダメです。

だって、ふたりの未来予想図をつくるんですから。

そのためにも、コミュニケーションの量が減ることは危険信号です。

先日のツイートです。

たとえば、自分の部屋に閉じこもることや、プライベートな時間を優先して趣味の没頭するなど、ひとりの時間を優先し過ぎると危険です。

夫婦生活において、会話こそ命で言ってもいいくらい話をすることを心がけてください。

先日のツイートです。

夫婦になると多くの課題を二人で乗り越えないといけません。

会話の量が減る=夫婦生活の悪化

プライベートな時間と夫婦の時間のバランスこそが大切です、どんなことがあっても話し合いができることがとても重要なんです。

結婚で失敗しない夫婦円満な考え方その⑤価値観は根っこの部分が大切


先日のツイートです。

価値観が合わないと嘆くより、違う価値観を尊重しお互いの成長につなげること

価値観が合う人はこの世にはいないと思うこと、十人十色と言う言葉があるように、人は違うんです、同じ人間ですら日によって、時間によって、環境によって、周りに人間によって、食べるものによっても変わるんです。

もし彼に合わして自分を抑える毎日を過ごしているなら、結婚したときには相当な気持ちを抑え続けることにもなります。

でもそんなことは長くはできません。

どちらかが不満を爆発させて、「そんなお前と結婚したんじゃない!」とキレられれ関係は悪化することにも。

そもそも価値観が完全に一致していることなんかありません。

自分にない尊敬できる部分があるから結婚したいと思える訳です。

ただ、それが自分が尊敬できないイヤな思いをする価値観だったら、なんか違うなって感じると「このひとと合わないかも」って思ってします傾向があります。

でも、そんな些細なことでいちいち反応していては、長い結婚生活は破綻します。

じゃあどうしたらいいか?

根っこの部分の価値観さえ一緒ならなんの問題もありません。

食べ方が汚いとか、部屋が汚いとか、服を脱ぎっぱなしなど、いろいろイヤな部分も目に付くことでしょう。でもそんなことは、徐々に直せばいいんです。根っこの部分の価値観が同じならいくらでも直すことできます。

根っこの部分の価値観とは、話し合いがちゃんとできるかどうかで見極めることができます。

先日のツイートです。

同じ目的に向かって、なんでも話し合える結婚相手なら根っこの部分の価値観は大丈夫です。

「なんか価値観が違う…」というひとほど、自分の価値観が何かわかっていない。

相手への価値観の押し付けは暴力と同じくらい辛いこと。

結婚で失敗しない夫婦円満な考え方その⑥相手の良い点だけをみる


相手の欠点ばかりが気になるなら、自分の中にある理想像が高すぎる可能性があります。

結果的に、自己中心的な考え方になっており、嫌みな評論家のように相手の欠点ばかり見定めています。

自分にも欠点はあるはずです。

自分が完璧な人間なんてこの世には存在してませんよね。

結婚生活がスタートすると、ホントに「えっ!なんでそんなことするの?」ということが連発します。

イライラすることもあると思います、ときにはケンカもあるかもしれません。

でも、相手の欠点ばかりに目がいくと疲れますが、人間ですからいろいろ失敗やできていないところもあるでしょう。

相手の良いところもダメところもすべてを受け入れことができるなら、それは相手は結婚相手としてふさわしいと言えます。

ダメなところも実は相手の良いところだったりします。

先日のツイートです。

つまり、お互いが成長し合う、良い関係を育てていくことが大切です。

相手に寄り添うことができれば、ほんの小さな変化にも気がつきます。

そこをちゃんと褒めてあげると、男性は特に褒めてもらったことに対して素直に受け止めます。

お互いが相手も良いところ感じようとする寄り添う気持ちが、夫婦生活では重要ポイントです。

でも、逆になんでも話し合える、お互いが理解し合える関係なら、問題が起きても夫婦二人で立ち向かうことできます。

「○○してやっているのに」「○○のためにこんなにも頑張っているのに何の感謝の言葉もない」「私は家政婦じゃない!」なんて言葉を発する日も近いと言えます。

じゃあどうするか?

ちゃんと前を向いて話し合うんです。

今こういうことで悩んでる、こういうことを直して欲しい、今感じていることをちゃんと伝えることができる。
それをちゃんと受け止めてくれる男性が最大のポイントです。

仮に、逆切れや無視、無関心なら、その彼とは結婚はオススメはできません。

結婚は好き好きだけでは、一生続けることはできないからです。

夫婦円満な考え方その⑦「本能」で感じる力


人間には、防衛本能が装備されており危険だと感じることができます。

それは、人間関係でも同じことで結婚相手としてふさわしいかを、本能で感じることができます。

いくつか項目がありますので

本能で相手を感じることができるかを、チェックしてみてください。

  • 結婚相手を本能で感じるには
    会えない時間もその人のことを感じることができるか?信じることができるか?
  • 結婚相手を本能で感じるには
    たとえ、ケンカをしても相手のことを心の底で嫌いにならないか?許すことができるか?
  • 結婚相手を本能で感じるには
    相手の気持ちを感じることができるか?相手のことを分かりたいと思えるか?
  • 結婚相手を本能で感じるには
    一生一緒にいたいと思えるか?イヤなことでも話し合いができるか?心の部分を打ち明けることができるか?
  • 結婚相手を本能で感じるには
    このひとと地球最後の日に、一緒に居たいと思えるか?

夫婦円満な考え方のまとめ

先日のツイートです。

2000年も前の古代ローマの哲学「セネカ」は今を生きろと

結婚前は、夫婦生活がスタートして毎日が楽しく幸せな未来が待っているものだと期待しますが、現実的にはそんなには甘くありません。

運命は自分で引き寄せるものです。

運命としか言えない!結婚相手に感じるもの

  • 初めて会ったときに「ビビッ」と運命的な何かを感じる
  • 初めて会った感じがしないほど、落ち着く
  • 一緒にいても、心地よく心が安らぐ
  • 同じものが好き、感じる点が同じことが多い
  • 肌と肌の相性がイイ、キスの相性がイイ
  • 考えることが同じ、波長が合う、何かとタイミングが一緒
  • ケンカしてもすぐに仲直りできる、心の底から嫌いになれない

どんなに相性が良くてもすべては、自分の言動で結婚相手も幸せな結婚生活も決まります。

他人のせいにしているのでは、決してうまくいきません。

事実ベース離婚する人が3組に1組もある現実です。

この記事に書かれていることを実行するだけで、この瞬間から未来は変えることができます。

前向きに行動することで、運が良い方向に進みます。

これから婚活をがんばっていこうとするあなたも、もうすぐ結婚するあなたも、なにかしらこの記事をキッカケに幸せな人生を送ることができることを祈りつつ終えたい思います。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

随時、新しい情報を発信していますので、気になる方はブックマークにいれるなどして、いつでも読めるようにしておいて下さいね。

人気記事【結婚は最短3ヶ月できる】結婚相談所で失敗しない婚活の始め方

人気記事【完全初心者】マッチングアプリの始め方【3つの手順で解説】

人気記事結婚前のダイエットは、ライザップ一択です【結婚式に間に合わせる!】