Written by ichigo

【知って損なし】結婚のメリットとデメリット【男女別7選】

婚活コラム

結婚ってどうなの?「結婚は結局のところ良いの?悪いの?だれか教えてください。できれば男女別でメリットとデメリットを解説してくれると助かります。結婚したいけど、実際のところ正直なかなか前に進めないでいます。よろしくお願いいたします。」

こんにちは、ichigoです。今回はこのような悩みにお答えしていきます。

本記事では
「結婚しようか?でもやっぱり結婚はやめておこうか悩んでいる人向けです。結婚のメリットとデメリットを前もって知ることで、もし自分が結婚したら失敗しなくない」という方に向けて執筆します。

この記事を読むことで得られる知識

結婚のメリットとデメリットを学ぶことで、結婚に対する対策がうてるのでメリットを生かしつつ、デメリットを減らす対策を打つことができる。

記事の信頼性

実際の自分の経験やインタビューで得た知識をまとめています。生の声としてリアルに起きる内容ですので、結婚を考えているひとは必読ですよ。

【知って損なし】結婚のメリットとデメリット【男女別7選】

では、さっそく本文の内容をみていきましょう。

結婚のメリット7選【男女共通編】

  • 人生の幸福度が上がる(心・体・お金)
  • 認知症のリスクが減る
  • 孤独にならないことで、健康面での恩恵がある
  • 子どもを安心できる環境で授かることができる
  • 家庭をもつことで、幸せな時間を共有できる
  • 家で待っているひとがいる安心感が得られる
  • 老後の心配が軽減される

人生の幸福度が上がる

人間の本質的にだれかのためにする、奉仕の精神が実はだれにでもあります。

このだれかのためにすることが、人生の幸福度をグンと上げる効果があります。もし独身のままで老後を迎えた時、いくらお金や時間があっても自分のためだけに使うのなら、途中で飽きてしますからなんです。

つまり、人類はコミュニティの中でしか生きられないようDNAに刻まれているのが人間の本質です。

それを無視しても生活ができてしまう現代社会ですが、信頼できる人に貢献できない生き方では幸福度は下がります。

逆に、愛する夫・妻がいることで最愛のひとに貢献できる、そのひとの支えがあるということは、安定と安らぎが生まれ人生の幸福度は上がります。

もしも、イヤな事あっても「大丈夫!」と励ましてくる存在がいることは、大きな心のよりどころです。

認知症のリスクが減る

夫婦円満であれば、毎日会話の量はかなりあります。
特に、老後に独身だと、だれとも1日会話しないなんてこともありえます。

当然、だれとも話さない日々が続けば、脳機能は衰え認知症につながると言えます。

孤独にならないことで、健康面での恩恵がある

孤独は喫煙よりも悪いというデーターもあるくらい、孤独は人間にとって非常に体に悪いと言えます。

なぜなら、人類は太古の昔よりコミュニティ(集団)の中で生活している動物だからです。

現代社会においては孤独であっても生きてはいけますが、孤独であると言うことは異常事態と言えるほど、本能的には慣れていない状態とも言えるのです。

でも、結婚していることでコミュニティが存在し本能的には安心感が生まれます。そうすることで、健康面での免疫力や機能の改善が起こるということです。

子どもを安心できる環境で授かることができる

世間体を気にすることなく、子どもを授かり育てることができる。

結婚することで、未婚の母という名で呼ばれることはありませんので、世間の目を気にするひとがほとんどだと思います。

未婚の母それ自体が問題ではなく、未婚の母だと今の社会環境ではリスクが大きいということです。

もちろん、結婚相手が無職や収入が極端に少ないなどあれば、結婚のメリットはないとも言えます。

男性の収入は結婚の条件で大きなウエイトを占めているように、好きだけでは続かないのが結婚です。

一時の思いだけで、望まない妊娠ではなく結婚という形で子育ての環境を作ることも親の務めと言えます。

家庭をもつことで、幸せな時間を共有できる

家族ができることで、様々なイベントを共有できる幸せな時間がつくれる。

誕生日・遠足・家族旅行・授業参観・毎日の食事時間・家族でゲームをするetc…

数えれば、無限にでてくる多くのイベントを家族で体験できるのは、ホントに幸せな時間です。

独身生活では、絶対に味わうことができない体験は、結婚し家庭をもつことで人生で多くの体験できます。

家で待っているひとがいる安心感が得られる

家の灯りがついている。

何気ない日常の中でしか得られないことですが、待っているひとがいる。

途方もない安心感がありますし、家に早く帰りたいと思えるのも自分ひとりじゃない。

待っているひとがいると思うだけでも幸せな時間なんです。

老後の心配が軽減される

経済的な理由もありますが、孤独死のリスクが減ります。

また、心を許せる相手がそばにいるだけで、生きがいにもつながるんです。

独身では考えられない、充実感はお互いが支え合うことで生まれます。

  • 経済的・肉体的・精神的

この3つの心配が減るのは、結婚でしか得られない絆とも言えます。

もちろん、夫婦生活関係がよくなく熟年離婚されるケースも一部ではあります。

結婚すれば、すべてOkではなく日ごろの夫婦生活を毎日の積み重ねで築くことで、お互いが尊敬し合え、感謝し合える関係性を目指しましょう。

では次は、結婚で得られるメリットを男女別で解説しています。

結婚のメリット7選【男性編】

  • 家事の負担が分けれることで普段の生活の質が上がる
  • 税金面で優遇される(配偶者控除・家族手当・住宅手当etc…)
  • 家族を守るため、仕事に対するやる気度がUPする
  • 家庭を守るために、一家の大黒柱としての責任がもてる
  • 自分の居場所ができる、自分が帰ること場所ができる
  • 好きなひとと暮らすことができる、一緒にいることができる
  • 社会的な信用や安定感が生まれる

男性の結婚のメリットは、世間体や出世など社会的信用を得るのもあります。

男性は、競争社会の中に常にさらされておりお金を稼ぐことで、自分の存在を示そうともします。ただこれが悪い方に進むと、家庭を犠牲にしてしまいホントに大切にしないといけない家族をないがしろにしてしまうケースが多いです。

女性の立場としては、男性が帰ってくる居場所をちゃんと作ってあげましょう。

女性は子育てをすると子供が最優先になります、人間の本能なので当然のことなのですが、夫が帰ってくる居場所がないこ仕事に逃げてしまうのが男性というものです。

ですので、夫婦関係や家族を守るなら、夫に仕事への感謝を伝える。

そうすることで、夫も妻に感謝を伝えてくれます。

男性はコミュニケーションが下手くそです。

先日のツイートです。

男性は女性に対して、癒しを求めています。

男性のメリットを最大化する意味でも、女性からの癒しは最高のスパイスとなります。

結婚のメリット7選【女性編】

  • 母になることができる・妊娠・出産・子育ての経験できる
  • 子育てをすることで母とし成長できる
  • 妻として母として、家族のある充実した生活が送れる
  • 好きなひととずっと一緒でもう孤独ではなくなる
  • 収入面での経済的な負担が少なくなる
  • 将来の経済的な不安が減ることで気持ちが安定する
  • 親からのプレッシャーや世間の目を気にしなくてすむ

女性の結婚のメリットは、何と言っても子供を授かることができるという点です。

現代社会では、未婚の母は経済的、精神的なリスクがあります、経済的に余裕のある人は可能かもしれませんが、父親がいないと子供の心へのダメージは0ではありません。

結婚することで、経済的にも精神的にも安定します。

子供を育てるうえでは、必要不可欠な生活の安定は結婚によって得ることが多いです。

結婚のデメリット 7選【男女共通編】

  1. ストレスの多い結婚生活は、健康を害する
  2. 見た目が気にならなくなり、体重が増える
  3. 自由に使えるお金や時間が減ってくる
  4. 友達と夜飲み行くなど、夜遊びがしにくくなる
  5. 些細な価値感の不一致があるとケンカの原因になつ
  6. 子どもの養育費・マイホームなど多額の出費がある
  7. 親戚つきあい、相手の親との関係に気をつかう

最大のデメリットは、夫婦関係または家族関係にひびが入ったとき、修復不可能は状態が続く状態です。

つまり、順調なら結婚のもたらす恩恵をキャッチできますが、一旦亀裂が入りそれがなかなか修復できなくなると、かなり大変です。。。

よくある仮面夫婦になるケースが多く、家庭内別居がそれにあたります。

特にストレスが多いと、タバコを吸う人よりも体に悪い影響を与えるとも言われています。

ずっと一緒にいられるメリットの裏には、簡単には別れることができない結婚のデメリットも存在します。

近年は、昔よりかは離婚のハードルは下がったとは言え、まだまだ簡単に離婚できるような経済的・世間的な環境ではないと言えます。

先日のツイートです

結婚前からそして結婚後も継続して毎日することが夫婦関係を良くする上では大切です。

人間は忘れる生き物です。

新婚当時の思いも日が経つと薄れていくのです。可能な限り毎日キスすると女性ホルモンが活発になって女性は幸福度が上がります。

一旦習慣も、辞めてしまうと再開するのが困難になりがちです。面倒と思わずその積み重ねが大きな愛情となって返ってきますので、結婚前にルールを決めることをおすすめします。

結婚のデメリット 7選【男性編】

  • 他の女性と親密な関係にはなれない
  • お小遣い制になると常に金欠状態になる
  • 友人と泊りの旅行や朝帰りがしにくくなる
  • 浮気の心配を常にされて疲れる
  • 自分の趣味が楽しめなくなる
  • 休日のダラダラ生活がしにくくなる
  • 性生活のマンネリ化になりやすい

男性の結婚のデメリットは、お金・自由・女性関係に対して信じられないくらい制限がかかります。

若い男性が結婚しない理由として大きな要素が、自由を失うことを恐れているからです。

特に活発にする男性は、自由を失うことを極端に嫌います。

まだまだ、遊び足りない人や浮気をする心配のある男性は、結婚はしない方が相手のためでもあります。

ただ、遊び過ぎて結婚適齢期を過ぎれば、結婚への意欲も低下して生涯独身になる可能性は飛躍的に上がります。

男性に対しては女性は、少し自由な時間を作ってあげることや、夫婦で一緒にする趣味を見つけるなど工夫をする必要があります。

結婚のデメリット7選【女性編】

  • 異性との関係は慎重にしないといけない
  • 生活面での金銭管理をしないけない
  • 引っ越しなどで仕事を辞める場合もある
  • 嫁姑問題で悩む機会が多発する
  • 子育ての価値感でケンカになりやすい
  • 夫婦ケンカや夫の浮気の心配など悩みが増える
  • 家事育児仕事と多忙になるケースもある

女性の結婚のデメリットは、相手家族とのつながりが増えることで、無意味なストレスが増加します。
特に、嫁姑が現実的にこじれそうなタイプの姑さんなら厄介です。
結婚する際の条件はよく確認しておきましょう、同居はかなりリスクが高い行為です。

また、子育て時期はホントに忙しいのが女性で自分の時間がなくなるため、ストレスが溜まってしまいがちです。

結婚して新婚生活から子供が欲しくなるタイミングが必ずありますので、よく夫婦間で役割分担やルールを決めましょう。

結婚のメリットとデメリットのまとめ

  • 結論:結婚への価値観を夫婦で語り合うこと

結婚が良い悪いではなく、結婚に対する価値観が夫婦の間でズレているとそのズレが長い時間かけて、とんでもない大きなズレになる。

つまり、結婚が悪い訳ではなく結婚して幸せになるのか?ならないかはそのひと次第である。

先日のツイートです。

夫婦生活が上手くコツのキーワードは?

  • 毎日です。

どうしも長い夫婦生活では、マンネリ化やお互いの価値観がズレいきます。

それを防ぐ意味でも、毎日必ずすることを結婚したら決めましょう。

もちろん、出張や体調不良でできないときがあるかもしれませんが、別の形の変えてでも必ずすると心がけましょう。

一旦ルールを辞めてしますと、なかなか元には戻りません。

おすすめは、毎日キスをするです

この毎日キスをすることで、女性の幸せホルモンが増大します。

しかも、キスの回数が多ければ多いほど、その都度幸せホルモンが体が無条件で反応するので、たとえ気持ちが下がり気味でも、ちゃんと幸せな気分になれます。

先日のツイートです。

結婚は、世の中に公認された社会の仕組みです。

結婚したらできること、結婚したらできないことがありますが、結婚することでお互いの強みを共鳴し合うことで結婚したメリットを最大限に生かしましょう。

当ブログでも、婚活に役立つ考え方を発信し続けていますので、ブックマークに入れるなどしてチェックしてくださいね。

関連記事も載せてありますので、気になる方はご覧ください。

人気記事【結婚は最短3ヶ月できる】結婚相談所で失敗しない婚活の始め方

人気記事【完全初心者】マッチングアプリの始め方【3つの手順で解説】

人気記事結婚前のダイエットは、ライザップ一択です【結婚式に間に合わせる!】