婚活ノウハウ

【すぐに結婚したい!婚活女子必見】結婚相談所で失敗しない正しいやり方を8ステップで解説

この記事で解決できるお悩み
  • 婚活でうまくいく人って具体的にどうしてるの?
  • 初めて婚活しようと思ってるけど失敗したくない…
  • 婚活の正しいやり方を知らないから教えて欲しい!
婚活女子

結婚相談所でうまくいく人のコツを知りたい!

いちご🍓

こんな疑問を解決できる記事を書きました。

この記事でご紹介する「【すぐに結婚したい!婚活女子必見】結婚相談所で失敗しない正しいやり方を8ステップで解説」を読むことで、婚活初心者が失敗しやすい原因がわかります。

今回の記事は、結婚相談所を考えてるけど失敗しない正しいやり方が知りたい人向けに、詳しく解説しています。

なぜなら、私自身が婚活のやり方を知らなかったために、約7年間も婚活で苦しむことになりました(>_<)

恥ずかしい過去の話から学んだ反省点も踏まえて、婚活の正しいやり方をお伝えします。

最後までじっくり読み込んでくださいね。

結婚相談所についてもっと詳しく知りたい人は、下記の記事も参考にしてください。

【婚活入門編】結婚相談所の基本知識と失敗しない活用テクニックを解説結婚相談所選びに悩んでいる方必見!そもそも結婚相談所についてよく分からないし、具体的書類や入会手順を教えて欲しいと悩んでいませんか?この記事では、基礎知識を詳しい解説していきます。実はシステムが複雑に感じて断念する人もいます。この記事を読めば婚活初心者でもスムーズに始めることができます。...
【最短3ヶ月できる!】結婚相談所で99%失敗しない婚活【成婚退会までの正しい手順】この記事では女性が最短3ヶ月で結婚するためのノウハウを解説していきます。結婚相談所に入会しようか迷っているけどホントに結婚できるの?実は、結婚するためには努力で解決する問題ではありません。ポイントを知らないとズルズル婚活生活が長引くだけです。失敗しない結婚相談所の使い方を伝授します。...
目次
  1. 【すぐに結婚したい!婚活女子必見】結婚相談所で失敗しない正しいやり方を8ステップで解説
  2. ステップ①【はじめに】結婚したい人を強くイメージする
  3. ステップ②【お見合い編】条件が合う人だけお見合いをする
  4. ステップ③【お見合い編】第一印象がすべて
  5. ステップ④【お見合い編】お見合いはコミュニケーション力が大切
  6. ステップ⑤【仮交際編】デートの回数でうまくいくかが決まる
  7. ステップ⑥【仮交際編】真剣交際に進む判断も人柄です
  8. ステップ⑦【真剣交際編】お互いの結婚観を確認する大切な期間
  9. ステップ⑧【成婚退会編】決断するには冷静さと決断力の両方が必要
  10. まとめ

【すぐに結婚したい!婚活女子必見】結婚相談所で失敗しない正しいやり方を8ステップで解説

結婚相談所の目的は、会員さんが成婚退会して幸せな結婚をされることです。

しかしながら、結婚相談所も売上がなければ存続できないため、利益重視で運営されている結婚相談所も0ではありません。

そこで今回の記事では、結婚相談所で数々の失敗をして婚活を必死に学んだ自分だからこそ言える婚活の正しいやり方を解説します。

もちろん、結婚相談所の回し者ではありません。

あくまでも、中立的な立場でホントに結婚したくてもできない、あなたのためだけに「ここだけの話」をしていきます。

ステップ①【はじめに】結婚したい人を強くイメージする

婚活のやり方ステップ①

結婚したい人を強くイメージする

婚活でうまくいく人は、必ず「結婚したい人」を強くイメージしています。

なぜなら、結婚したい人のイメージできていない場合

婚活女子

特に希望はありません…誰もいいんです。

「誰でもいい」ではカウンセラーさんは困ってしまいます。

結婚相談所の会員さんはデータ化しています。

そのため条件で検索するため、カウンセラーさんに結婚したい相手を伝えることができずに条件が曖昧になります。

もちろん、曖昧になれば条件も広くなり過ぎるため、検索ボリュームも一気に広がります。

そうなれば、検索には引っかかってはきますが、実際にお見合いで会うと「なんか違う…」感じてしまうため破談になるケースが多いです。

条件設定の具体例は、【年齢・年収・学歴・身長・体重・婚姻歴・住まい・同居・家事育児】などなど

誰にも公表しなくてもいいので、まずはあなただけの本当に結婚したい理想の相手を具体的に書き出してみて下さい。

理想の相手を具体例
  • 年齢・・32歳まで
  • 年収・・500万以上
  • 学歴・・高卒以上
  • 体重・・65~75キロまで
  • 婚姻歴・・なし
  • 住まい・・半径20キロ以内 
  • 同居・・不可
  • 家事育児・・積極的
  • 土日祝・・休み
  • タバコやギャンブル・・絶対しない
  • お酒・・少々ならOK
  • 趣味・・共通の趣味がある(読書・映画など)

ざっと相手の顔を想像できるくらいイメージすることが大切です。

実はあなたの「こころの中」には、すでにこういう人と結婚したいという願望がちゃっかり存在しています。

でも、自分自身はそのことに気がついていないんです。

カウンセラーさんが紹介してくれて、仮に仮交際となっても途中でやっぱりなんか違う…と破談になってしまうんです。

実は、私も自分のこと気に入ってくれたら、それだけで十分だと思っていました。

でも、いざ交際してみると欲がでてきたり、気になる条件が足を引っ張ることになって破談したケースがあります。

心の奥に住む本当の願望を書き出すことによって、今まで見えていなかった気持ちに気がつくことができます。

ぜひ、実際にメモとペンをもってやってみてください。

注意点としては、理想が高すぎるのはダメです。

だれにも話さない自分だけの条件だとしても、あまりにも高い願望を望めば結婚は難しい。

あくまでも結婚できる相手をイメージすることに意味があります。

自分なりの結婚相手のイメージをつかめたなら、カウンセラーさんに相談します。

すべてを話す必要はありませんが、言える範囲のことはなるべくカウンセラーさんと共有することが重要です。

なぜなら、カウンセラーさんが紹介してくれてる人物が具体的であればあるほど理想の相手を見つけてくれるからです。

結婚相談所での活動は、おおよそ6ヶ月以内を目安に活動されることを理想的です。

真剣交際までに3ヵ月以内に、成婚退会までに3ヵ月以内にと期日を決めることが重要なポイントです。

何月何日までに成婚退会するとまずは、数字で目標を設定しましょう。

ステップ②【お見合い編】条件が合う人だけお見合いをする

婚活のやり方ステップ②【お見合い編】

条件が合わないときは無理にお見合いはしない!

お見合いは、婚活では最初の大切なステップです。

人生で初めて体験する人がほとんどですので、右も左も分からずにお見合いをしてしまうことで、多くの方が失敗して悩んでしまっています。

そこで、お見合いで失敗しないやり方の手順を詳しく解説しています。

条件が合わないときは無理にお見合いはしない!

具体的イメージができたなら、次は実践編です。

次は、あなたが書き出した結婚したい人の条件に当てはまる人を探していきます。

結婚相談所では検索システムやカウンセラーさんからの紹介制度など、さまざまな形があります。

自分のイメージした条件の人を探していきましょう!

そして、大切なのは条件に当てはまらない人は除外していくことです。

例えば、タバコを吸うならその時点で除外します。

いくらあとの条件がカンペキでも、あなたはタバコが嫌いですよね?

もしも、タバコを吸う人と結婚すれば一生あなたはタバコについて無駄な悩みを抱え込むことになります。

結婚相談所の入会バブルに注意して!

結婚相談所に入会すると、あなたのプロフィールが検索の上位に表示されます。

そうなれば、多くの人の目にとまることになるためお見合いも申し込みが殺到しやすい時期になります。

いわゆる入会バブルと言われる時期になります。

しかし、ここでミスると大きな失敗を招きます。

婚活は自分の市場価値が分かりやすいのですが、入会バブルの時期に「あれ…私ってモテるかも?」と勘違いしてしまうパターンが非常に多いです。

でも、これはあくまでも入会したての人ばかり狙う男性も多いので、あまり浮かれない方が良いです。

間違っても「来る者は拒まず精神」でお見合いをすれば、婚活疲れを引き起こすことになります。

次の章で「お見合いを数こなすことに意味はない」ことを解説していきます。

お見合いの申し込みは毎週3件までとする

結婚相談所でやってしまいがちな失敗が、お見合いの申し込みをMAXまでする人です。

結婚相談所によっては月に30〜50件も申し込みができるところもあります。

しかし、「お見合いを数こなすことに意味はない」ので注意が必要です。

どうしても、婚活初心者だとお見合いの申し込みがくると嬉しくなり、「なんか良さそう…かも?」という曖昧な判断でお見合いをお受けしてしまうケースがあります。

でも実は、行き当たりばったりでお見合いを受け入れる考え方は良くありません。

しかも、結婚相談所によって高額なお見合い料金が発生するため、利益重視でどんどん紹介されるケースもあります。

例えば、お見合い料金が1,000円程度ならいいですが、5,000円以上するところもありますのでそんなに乗り気じゃないお見合いが成立した場合かなりの出費になることもあります。

そして、お見合いの数をこなすことに疲れてしまい、仮交際どころかお金は減るし、婚活疲れで疲労困ぱいになってしまうだけです。

多くお見合いするデメリット
  • お見合いに慣れてしまい、初々しい感じがなくなる
  • いろいろな人と会うので、嫌な思いをすることもある
  • もっともっと病がでてしまい、悩んでばかりいる

お見合いに慣れると、相手の嫌な部分ばかり目につきます。

前の人は、こうだったなぁ…と比べてしまうので、良い部分が見えなくなります。

また、男性は初々しい女性を好みます。

変に婚活慣れをしている感が相手に伝わると、「なんか妙に婚活慣れしてて…」と初々しいさが欠けるため、マイナスイメージになります。

あまり良くない結婚相談所は、とにかくできるだけ多くの人とお見合いすることを言ってきます。

お見合いを毎週5〜6件とほぼ毎日のようにしていると婚活している感はありますが、ぜんぜん仮交際に進めません。

しかも、仮に仮交際に進めても真剣交際に発展することなく撃沈していきます。

なぜなら、仮交際の相手と真剣に向き合う時間がないからです。

当然、相手も「この人は他にもいろいろな人とお見合いしてるな?」「仮交際も複数人いるんだな?」と思われてしまいます。

心もお金も時間も精神もすべて有限なんです。

いくらあなたが絶対に結婚すると意気込んでも、お見合いの回数を増やすだけで心は擦り減っていくだけ。

理想を言えば、婚活は3ヵ月以内に終わらすことが大切です。

1年以上も婚活を続けるとどうなるか?

恐ろしいことに、初々しいあなたは居なくなり、妙に婚活慣れをした婚活マニアができあがってしまいます。

何を隠そう私がそうでしたから…(事実7年もかかってしまった…)

同じ失敗をしないためにも、数の論理よりも質にこだわってください。

お見合いする相手もよーく考えて申し込みをしたり、お受けしてください。

来るものを拒まず、なんでもいいからお見合いしてくれる人に手当たり次第に会うのだけはやめましょう!

また、そう言ったお見合いばかりおすすめしてくる結婚相談所も怪しいので、結婚相談所を変えるか?担当者を変えるなどしてくださいね。

あなたの貴重な時間は、どんなに大金を積んでも戻ってこないんですよ。

理想的なお見合いの回数を週に3回までとしてください。

それ以上は、ほとんどの人がキャパオーバーになります。

相手もバカじゃないので、次々とお見合いをしまくっている人と結婚したいとは思わないですからね。

「その他大勢の中の一人??」とあなたに不信感を持てば、相手にとってはあまり良い気分ではないです。

それよりも、一人一人とちゃんと向き合うことが大切。

お見合いは質を重視して継続的にすること

お見合いは継続して行うことが大切です。

なぜなら、さらに好条件の人とお見合いできる可能性があるからです。

しかし、仮交際が2~3人になればお見合いは一旦ストップして仮交際の相手に集中する。

一番良くないのが、お見合いばかりして「もっともっと病」になることです。

仮交際の方はおざなりになりますし、何より仮交際の方に失礼にあたります。

仮交際の方に集中しないでお見合いばかりしている人は、99%お見合いが長引く傾向です。

事実、私がそうでしたので…

先日のツイート

次の章では、具体的にお見合いのときに必要な対策を解説します。

ステップ③【お見合い編】第一印象がすべて

婚活のやり方ステップ【お見合い編】

お見合いは第一印象がすべて

お見合い編で大切なのは第一印象です。

この章では、清潔感ある女性の特徴を解説します。

お見合いは遅刻は厳禁です

第一印象を解説する前に、重要なポイントがあります。

それが、お見合いのときに絶対にしてはいけないのが「遅刻」です。

申し訳ないですが、遅刻は「この人は時間も守れない雑な性格なんだな」と思われてしまいます。

婚活女子

待ち合わせ時間間違えて…

婚活男子

大丈夫ですよ。

(なんだか結婚したら大変そうだなぁ…)

予定時間には必ず到着してるように、余裕をもって行動しましょう。

最低でもお見合いが始まる10分前には現地に到着してください。

道に迷うことや交通渋滞に巻き込まれにくい、電車で行ける場所で待ち合わせする方が良いです。

ホテルのラウンジやカフェなど、誰でも分かる場所で現地集合にしましょう。

どんなに清潔感ある格好でも、遅刻するだけですべてが台無しになります。

女性らしい清潔感あるファッションはお見合いでは必須

男女問わず、お見合いで一番大切なのは「第一印象」です。

そして、相手から何がなんでも「清潔感」があると思ってもらわないとその先には進めません。

ですので、見た目はかなり重視するため絶対に気を抜かないでください。

特に初めの7秒でお見合いが成功するかが、決まると言ってもいいほどです。

大切なのはプロフィール写真となるべく同じような服装や髪型で望みましょう!

婚活男子

(プロフィール写真とだいぶんと違うな…)

男女ともですが、プロフィール写真との差が大きければ大きいほど「あれ…なんか違う」とがっかりします。

表情は女性にとって非常に重要です

どんなにキレイに着飾っても、どんなに美人でも、どんなに素敵な性格であっても表情が乏しい女性は、表情が暗いだけでかなりのデメリットです。

口角・眉間のしわ・目元・笑ったときの表情など、一番自分に自信がある表情を鏡の前で研究して、自然にできるよう練習しましょう。

見た目で課金できるところは、すべて課金するくらい頑張ることが結婚への近道です。

特に、男性は「見た目」と「年齢」をはじめはかなり重視します。

しかし、見た目が自分のボーダーラインに入ればそれ以上をあまり求めてきません。

男性も絶世の美女を追い求めていくのではなく、あくまでも自分のタイプの女性を選ぶのです。

そこでまずは最低限の身だしなみのチェックリストを列挙しています、どの項目も×がつけば婚活は難航しますので注意してください。

絶対に良くすべき項目
  • 肌が荒れている
  • 肌がくすんでいる
  • 目にくまがある
  • ニキビがたくさんある
  • 歯が黄ばんでいる
  • 髪が傷んんでいる
  • 爪が傷んでいる
  • 化粧が合っていない(派手・流行・ノーメイク)
  • 服装が合っていない
  • 髪型が合っていない
  • アクセサリーや小物類が派手
  • 臭いがする(香水のつけ過ぎ・体臭・口臭)
  • 肌が露出し過ぎ
  • 毛玉がある
  • ストッキングの伝線

どんなに話が盛り上がっても、見た目の印象が悪いとお見合いが失敗することもあるので注意してください。

ココポイント!!【財布編】

財布はお金を管理できる人なのか?を見られるポイントです。

レシートがたくさん入っている、ボロボロの年季の入った財布を使用している、大量のポイントカードやクレジットカードでパンパンな財布はやめましょう。

ココポイント!!【カバン編】

カバンの中がぐちゃぐちゃだと、部屋も汚い印象になる。

キチンと整理整頓されている、ハンカチも清潔感ある状態にしているなど、案外カバンの中身も見えてしまうので気を抜かないでください。

ココポイント!!【姿勢編】

姿勢は無意識にでるので、特に注意が必要。

腕組みや足を組んだり、猫背で座っていると態度がでかい、不健康そうに見えるなど印象が悪いです。背筋を伸ばして女性らしい立ち振る舞いが必須です。

男性から「この人となら結婚したい!」と思われるには、多少の課金は必須です。

ファッションってお金がかかるし時間もない!どうしてもマンネリ化をしてるなら…↓↓

秋冬は新品コートもレンタル対象「メチャカリ」

そして、何よりも大切なのは「生活習慣」です。

睡眠不足・暴飲暴食・不規則な生活リズム・飲酒・たばこ・運動不足は健康的なイメージを大切にする婚活では非常に不利です。

婚活女子

タバコは嫌いなので吸いません。お酒をたしなむ程度なら大丈夫です。

女性は特に妊娠出産と子どもを産める体なのか?を男性は無意識で女性の外見を見てしまいます。

見た目が若く、髪に艶のある、くびれのある女性は妊娠しやすいのですが男性は本能でそれを感じています。

ですので、実年齢よりも若く健康的な体型は婚活では必須ですので、可能なかぎり挑戦することが大切です。

有名なライザップなら、意志の弱いあなたでも男性受けする理想のスタイルが手に入れることができます。

結婚前のダイエットは、ライザップ一択です【結婚式までに間に合わせる!】何とかして綺麗なスタイルで結婚式を迎えたいのに、どうしてもダイエットとできないと悩んでいる方は必見!この記事では、ライザップがどうして結婚前に入会した方がいいかを解説します。実は、ライザップは瘦せるためだけでなく、知識や精神力も鍛えることができます。この記事を読めば挫折することなく瘦せれるライザップの秘密が分かります。...

お見合いのときのファッションは定番でOK

大切なのは3つ「シンプル」「ナチュラル」「フェミニン」です。

化粧はあくまでも、ナチュラルなもので派手さはいりません。

男性は結婚相手を探しているので、【派手=金遣いが荒い】印象をもたれます。

清楚で自然体の女性の方が結婚相手としては求められます。

ココポイント!!【アクセサリー】

アクセサリーはシンプルなものでOK。

ブランドものやジャラジャラとつけると一発で金遣いが荒いと思われます。ただし、何もつけないと女性らしさが欠けるためシンプルなものを1点ワンポイントで身につけましょう。

ココポイント!!【ヘアカラー】

ヘアカラーは黒が良い。

男性はなんだかんだで日本人らしい黒髪が好きです。もちろん、男性の好みもあるので一概には言えませんが、お見合いでは女性らしい黒髪の方が健康的なイメージを与えられやすいです。

ココポイント!!【ファッション】

ファッションは女性らしい「ひらひら」「ふんわり」「ふりふり」です。

角ばった服装ではなく、ニット系の服装やワンピースといった定番で大丈夫です。肌の露出や胸の谷間の誇張は婚活においてはマイナスでしかありません。

靴はハイヒール・スニーカーはNGです。ローヒールやバレエシューズの方が無難ですカジュアルな靴を選びましょう。

ココポイント!!【メイク】

メイクはナチュラルメイク一択です。

流行りのメイクや奇抜なメイクはNGです。男性は自然体のあなたを知りたいんです。もちろん、ノーメイクは女性らしさには減点ですのでやめましょう。

お見合い前に最終チェック
  • 歯に口紅がついていない?
  • 化粧は派手じゃない?
  • 肌のハリは大丈夫?
  • 髪の後ろも乱れてない?
  • 靴の汚れ・毛玉はない?
  • 胸元はかがんでも見えない服装?
  • 座っても下着が見えない丈のスカート?
  • 下着のラインが見えていない?
  • 靴擦れしない靴にした?
  • ハンカチ・ティッシュ・絆創膏・頭痛薬はもった?
  • 財布の中身は整理整頓されている?
  • 臭い対策は万全ですか?

見た目とは、外見+内からでる(表情・雰囲気・所作)も含まれるため、外見はトータルで見られることに意識してください。

なぜなら、心理学者のアルバート・メラビアンが1971年に提唱したメラビアンの法則と言われる人が相手に与える印象の割合を示したものがあります。

見た目の印象と言えば、目から入る視覚情報だけと思われがちですが、実は視覚情報さえカンペキでも他の言語や聴覚が良くなければ印象は良いとは言えません。

「視覚」「聴覚」「言語」の3つとも良くしていくことが大切

見た目はいいけど、ぼそぼそ話すし…話し方がなんか気になる…とせっかく見た目がいいのに印象が悪く感じるので注意しましょう。

次の章では、お見合いで大切なコミュニケーション方法について解説します。

ステップ④【お見合い編】お見合いはコミュニケーション力が大切

婚活のやり方ステップ【お見合い編】

お見合いはコミュニケーション力が大切

お見合いの時間はおおよそ30~1時間程度の短い時間しかありません。

とはいえ、初対面の人同士が話すには十分と言えます。

あくまでもお見合いは、「次会ってもいいかな?」と思ってもらうことが大前提にあります。

お見合いでいきなり意気投合したり、好きになったりすることはほぼありません。

そこで、コミュニケーション力がある人は、次また会ってみたいと思われやすいので具体的に解説しています。

お見合いで大切なのは「感謝」「共感」「聴く力」

お見合いで大切なのは3つ「感謝」「共感」「聴く力」です。

それぞれを具体的に解説しています。

お見合いにおける感謝とは?

初めての人には大きな壁があります。

その壁を壊すには相手への感謝が有効的。「今日はお見合いに来てもらってありがとうございます。」とまずはお見合いができることに感謝しましょう。

婚活女子

今日お会いできるのを楽しみにしていました。来てくださりありがとうございます。

「ありがとう」は魔法の言葉です。適材適所で気持ちを込めて伝えてくださいね。

お見合いにおいて共感とは?

お見合いで大切なのは相性が良いことが求められます。

そのために必要なのが「共感」です。

男性は自分の気持ちや出来事を話すのが苦手です、ついつい女性にとっては意味不明な仕事の話をしてきたりします。また、沈黙がイヤだから関連性のないことを単発で質問してくる人もいます。

当然、初めからフィーリングが合う人はそうそういません。まずは、「うなずき」「相づち」「アイコンタクト」で相手への共感を示してみましょう。

婚活女子

うんうん。なるほど!そうなんですね。

NG行為は、つまらいと表情にでてしまう、質問をせずに黙り込む、話しを途中でさえぎる、笑顔もなく淡々と聞いている。

まずは、どんな相手でもお見合いの席では露骨な嫌悪感を出すのは良くありません。

万が一ですが、セクハラ行為や不快な言動をされた場合は結婚相談所に速やかに相談してください。場合によってはお見合いを中断することも大切です

お見合いにおいて聴く力とは?

会話の相性が良い=お互いの相性が良いとなります。

別に話が盛り上がる必要はありません、それよりも話てて楽、居心地が良い・緊張感しないといった部分が大切です。

聴く力は非常に重要なポイントになります。人は元来、自分の話を聞いて欲しい生き物ですし、聞いてくれるだけで承認欲求が満たされるんです。

これは男女とも言えますが、聴く力がある人は人気があり「また次も会いたい」と思ってもらいやすいんです。

ただ、質問を全くしないのは聴く力あるとは言えません。

「8:2」で相手が8の割合、あなたが2の割合で会話の全体像をイメージしてください。

そして、事前に聞く質問も相手のプロフィールをよく読み込んで3つは用意しておきましょう。

会話の流れを意識して、あまり腰を折るような唐突な質問ではなく流れにそった会話をしましょう。

例えば、「子どもってかわいいですよね?」

「そうですね、子どもを見てるだけで癒されます」

「そういえば○○さんはお子様は何人欲しいとか考えてますか?」

と少し会話の流れがあるだけで、いきない「子どもは何人欲しいですか?」と聞くより柔らかく聞こえます。

容姿に対する発言は厳禁です。

特に事前にプロフィール写真と見ていますので、「なんかプロフィール写真と違いますね?」と言った瞬間、そのお見合いはダメになります。また、「ダイエットしてますか?」「寝不足ですか?」と言った間接的にディスる発言も厳禁です。

面接お見合いは厳禁です。

いわゆる質問ばかりして、自分の聞きたいことだけを聞く自己中発言です。「親と同居になりますか?」「転勤はありますか?」「家事とかできますか?」など、特にプライバシーに踏み込んだ内容では、相手はかなりイヤな気持ちになります。

結婚相談所のルールを無視してくる男性はその時点でお断りです。

連絡先を交換を強要してくる・手をつなごうとする・性的な発言をする・プライバシーに深く踏み込む会話をしてくる・説教をしてくる・結婚の意思がない発言をしてくるなど、あなたが不快に感じた時点でそのお見合いはそうそうに切り上げましょう。

婚活は残念ながら、すべての男性が心ある良心的な人ばかりではありません。「なんで婚活してるんですか?」「今まで結婚なんでしなかったんですか?」など思わず「えっ!」と耳を疑いたくなることを言う男性もいます。

婚活をしていると、いろいろな人とお見合いすることになり、少なからず気分を害すことがあります。

ですので、そんなときは「こんな人も世の中にはいるんだな」と思う程度にして深く思わないようにしてください。

次の章では、じゃあどんな人が人柄が良い人なのかを解説していきます。

お見合いから仮交際の決め手は人柄がすべて

お見合いについて解説しましたが、次は仮交際に進んでも良い人について解説します。

結論は仮交際に進むのに迷ったら「人柄が重視される」ということです。

どんなに条件面をクリアできたとしても、その相手はまだ結婚相手ではありません。

偉そうに聞こえますが、条件面はあくまでも書類審査が通っただけです。

つまり、どんなに高年収であっても、どんなにイケメンでも、人柄が良くないと感じた時点で仮交際に進むのは危険です。

どんな相手だと危険な人柄か?

先日のツイート

例えば

1,000万の年収があっても仕事ばかりで、家事育児はあなた一人でやらないといけない。

どんなにイケメンであっても、浮気ばかりでいつも怪しんでいないといけない。

家柄もよく、上品な暮らしをしていても、そもそもあなたに合ってない世界の人だったら、毎日がしきたりや複雑な人間関係で悩まないといけない。

あなたは、どんな結婚生活を望んでいますか?

もちろん、考え方は人それぞれですので自分に使えるお金さえあれば、愛なんかいらないと言う人もいるとは思います。

しかし、お金はなくなってもまた増やすことができますが、愛は一度なくなれば限りなく復活することはありません。

そのため、人柄を見極めることが大切です。

こんな男性ならまずは安心できる人柄が良い人の特徴

先日のツイート

相性が良いと結婚してもうまくいきます。

また、男性から「運命的なものを感じる」と思ってもらえれば、トントン拍子で結婚まで進むことがあります。なので気になる男性と共通点を探すことも大切ですよ。

先日のツイート

次の章では、仮交際の申し込みを受けたらどうするの?を解説していきます。

ステップ⑤【仮交際編】デートの回数でうまくいくかが決まる

婚活のやり方ステップ【仮交際編】

仮交際はデートの回数でうまくいくかが決まる

お見合いがうまくいき成立したならば、次のステップは仮交際になります。

仮交際とは、文字通り「仮」で交際します。

交際の文字がありますが、世間的な交際ではなくあくまでもお友達感覚です。

しかし、当然ですが仮交際がうまくいかないと真剣交際や、その先にある「結婚」には結びつきません。

こちらの仮交際についての詳細記事も参考にしてください。

➡【今からお見合いする女性必見】仮交際の確率が高い女性の特徴5選【実は○○してるだけ】

仮交際の申し込みを受けたらどうするの?

お見合い後は、次に進んで良いと考えているならカウンセラーさんにOkサインを伝えましょう。

お相手の方もOkなら、仮交際がスタートできます。

結婚相談所にもよりますが、連絡のやり取りはカウンセラーさんを通じて行う場合や、各結婚相談所の専用のチャットなどで連絡を取り合います。

まずは、相手への感謝の言葉をかけてください。

婚活女子

先日はお見合いありがとうございました。とても楽しかったので○○さんのことをもっと知りたいと感じました。

お見合い後は、なるべく時間を空けないようにしてください。

時間が経てば経つほど気持ちが下がっていきます。

遅くなっても2週間以内に、できれば1週間以内には再会してください。

デートプランはいつも丸投げはダメ!

デートプランを決めるのは、なかなか大変です。

男性に丸投げするのは、最初の1回だけにして2回目3回目は女性からも提案したり一緒に考えたりすることが大切です。

男性は頼られることが大好きですが、全部丸投げは嫌います。

少し面倒くさいし男が全部決めるのでは?と思うかもしてませんが…

「結婚はお互い助け合って生活できるか?」「お互いがちゃんと話し合いができるか?」夫婦の関係性がとても重要なポイントなんです。

デートは決まったら、前日に必ず場所や時間の確認。「○○さんと初デート楽しみにしてます」と名前と今の気持ちをセットにして伝えましょう。

そして、当日は「今まで向かってます」など再度連絡することがポイントです。

どちらも不安でいっぱいですので、少しでもお互いのやり取りがあるだけで緊張感が減っていきますよ。

仮交際がうまくいくポイントは回数

仮交際で大切なポイントは回数です。

単純接触効果とも言いますが、1回1日デートするよりも、半日デート2回の方が相手から受ける印象がいいんです。

関係性が薄いときこそ、デートの時間はより印象の良いものにすることが必要です。

しかし、ダラダラと話すことがないのに一緒にいても苦痛なだけです。

仮交際デートのポイントは、長くいる時間よりもより多く会っていることが大切です。

可能であれば、1週間か2週間に最低1回はデートや軽い食事をするなどしましょう。

それ以上、間隔が空くといくら前回のデートが楽しい時間を過ごせても、その思い出は風化していくので注意が必要です。

気になる仮交際の相手となら1週間に1回は会おう!

しかし、仮交際そんなに仲が良いわけではないので「1日デート」「夜デート」「お酒入りの飲食」「ドライブデート」「水族館デート」「映画デート」を男性が言って来たらおすすめできないです。

「1日デート」「夜デート」「お酒込みの飲食」「ドライブデート」「水族館デート」「映画デート」「土地勘のない場所」「長時間歩くデート」

例えば、ドライブデートは密室の空間で何時間も閉じ込められて、下手をすれば女性は危険な目に合うリスクがあります。

つまり、危険な場所、長時間一緒にいる、会話ができない場所、と言った二人の関係性が良くなりにくいデートではマイナス面しかありません。

女性は特に警戒心が強く、いくら仮交際がOKしたといえすべてOKではありません。

何度も言いますが、仮交際は通常はお友達程度の認識です。

まずは、半日デートで昼間のカフェで雑談をしてお互いのことを知るところから始めましょう。

4~5回目のデートまで会っているなら、お互いかなりOKサインがでている証拠なので「ドライブデート」や「1日デート」も大丈夫と言えます。

次の章では、仮交際の方と順調に進んでいるけど、どのタイミングで真剣交際に進めばいいの?を解説します。

ステップ⑥【仮交際編】真剣交際に進む判断も人柄です

婚活のやり方ステップ⑥【仮交際編】

仮交際から真剣交際に進む判断も人柄です

真剣交際に進むかどうか迷ったら人柄で判断する

仮交際とはいわゆるお友達感覚です。

ですので、「好き」という感情がまだないのは正常です。

特に女性は警戒心が男性より強いため、よぼとタイプの男性以外は一目惚れが起きないので安心してください。

では、仮交際から真剣交際に進むために必要なことは、条件面ではありません。

仮交際の中から一人を決める決断が必要ですが、その条件は「人柄」しかありません。

何度も言いますが、収入が高いとかイケメンとか、家柄が良いとかで結婚を決めてはいけません。

どん底になってもお互いが支え合える関係性が大切です。

お金があっても、イケメンでも、幸せな結婚生活を送れる保証はありません。

人柄に良い男性でなければ、あなたを幸せにはしてくれません。

しかし、残念ながら人柄は完全には読み切れない部分があります。

結婚はギャンブル的な要素もあります。

「良い人」と思っても結婚した途端に性格が変わったという話はよく聞きますよね?

たくさん人生経験をしてきた人なら、直感でよし悪しが判断できる場合がありますが、恋愛経験が少なかったりよく人に騙される人は見分けがつきにくいものです。

でも、結婚相手に迷ったら押さえておきたい17のポイントがありますのでお伝えします。

  1. 自分の親や友人を大切にしているか?
  2. 恋愛経験は、一人一人と真剣に向き合っていたか?
  3. 健康管理や生活のリズムは整っているか?
  4. 仕事に熱意があるか?
  5. 家事育児を一緒にやってくれるか?
  6. 言葉より行動で示してくれるか?
  7. 相手の立場にたった話し方ができるか?
  8. 話し合いができるか?
  9. 日常に笑いがあるか?
  10. 他人の悪口・文句・不満をいつも言っていないか?
  11. 威圧感や自己中な言動がないか?
  12. 衝動買いしないなど、欲を抑えることができるか?
  13. 何よりもあなたを最優先で考えていてくれるか?
  14. 家族や未来に対してちゃんとイメージをもっているか?
  15. 趣味はお金がかかる、時間が奪われる、危険なものではないか?
  16. スマホはいつでも見られる状態になっているか?
  17. 価値観や考え方、話す言葉が似ている

先日のツイート

こちらの記事もためになりますよ。

➡婚活女性必見!結婚したら絶対に幸せになれる男性の特徴ランキングTOP13

とはいえ、なかなかそんなに簡単には理想の相性は見つかりません。

そこで最後に必要なのは「飛び込む勇気」です。

なぜなら、飛び込まないと実際のところは分からないからです。

真剣交際は、文字通り真剣に交際をスタートさせて結婚直前まで話を煮詰めていきます。

そうなれば、かなりの部分で相手の本質的な部分が見えてきます。

結婚相談所の良いところは、おおよそのところが「成婚退会前の性交渉は禁止」です。また、旅行や宿泊も成婚退会とみなされるところがほとんどです。

結婚相談所では、女性の身の危険のリスクを減らすことができるため、安全に真剣交際に進めることができます。

まずは、仮交際の方の中から真剣交際を申し込まれて「少しでもいいかも?」と思えば、真剣交際に進んでみることを推奨します。

婚活女子

なんかいいかもしんない!

しかし、基本的に男性から真剣交際の申し込みがありますが、なかなか真剣交際の申し込みがないようでしたら、お別れすることも必要です。

あなたの時間は有限ですので、脈なしと判断すれば別の男性との真剣交際を検討する必要があります。

先日のツイート

また、カウンセラーさんを通じて真剣交際に進んでみたいと、考えていることを打ち明けるのも大切です。

せっかく結婚相談所に入会してるなら、カウンセラーさんとの連携は必須ですよ。

こちらの記事も参考にしてください。

➡【グッと成婚退会が近くなる!】仮交際から真剣交際に進める男女の99%が意識してること

次の章では、気になる真剣交際について詳しく解説します。

ステップ⑦【真剣交際編】お互いの結婚観を確認する大切な期間

婚活のやり方ステップ⑦【真剣交際編】

真剣交際はお互いの結婚観を確認する大切な期間

複数の仮交際の相手から、真剣交際の相手を一人だけ選んで結婚に向けて突き進んでいくのが真剣交際です。

真剣交際で大切なのは「話し合いができるか?」「ホントに相手が良いか?」「結婚への価値観が同じか?」などより具体的な内容に踏み込んでいきます。

真剣交際はお互いの結婚観を確認する大切な期間

結婚は日常の生活の連続です。

もちろん、お互い初めは恋愛モードなので多少のすれ違いはガマンできますが、長い結婚生活ではガマンばかりでは続きません。

そこで、大切なのはベースとなる価値観です。

人はそんなに簡単には変わりません、浪費家の人は何歳になっても金遣いが荒いものです。

失敗しないためにも、価値観についてお互いがちゃんと話し合うことが真剣交際期間には必要です。

彼を信じてるから大丈夫!彼はそんな人ではない!と思っていても現実は違う場合があります。

よくよく話し合うことが大切です。

当サイトでは5つの価値観を確認することをおすすめします。

先日のツイート

  1. 家事育児の価値観
  2. 金銭感覚の価値観
  3. 子育ての価値観
  4. 夫婦のあり方の価値観
  5. 住まい(同居を含む)の価値観

結婚生活はリアルな実生活です。

お互いの価値観のズレは年々大きく膨れていき、いつか離婚という形で返ってくる。

そうなる前に、結婚する人とはちゃんと話し合うこと、これをうやむやにすると結婚してから「えっ!そんなこと言った?」と言われてしまうよ。

ノートなどに、お互いの考え方やこれからの価値観を書き留めておくことが大切。

そもそも、うわべだけの言葉では何とでも言える。

真剣交際のときに、相手の行動が本物かどうかをちゃんと見極めることが必要。

お互いのことを考えて話し合いができる人は何かのトラブルが発生しても、お互いが助け合って解決できる。

夫婦とは、より固い絆(愛)で結ばれる存在でなければならない。

次の章では、いよいよ結婚相談所でのゴール成婚退会について解説します。

ステップ⑧【成婚退会編】決断するには冷静さと決断力の両方が必要

婚活のやり方ステップ⑧【成婚退会編】

決断するには冷静さと決断力の両方が必要

いよいよゴールが見えてくるのが、成婚退会です。

しかし、成婚退会は一歩間違えれば、不幸になる結婚を決断することにもなる最重要なパートです。

どんな相手でも、100%幸せになれるという保証は誰にも分かりません。

とはいえ、結婚を決断しないと成婚退会はできないため、ここでは決断するために必要な重要ポイントをお伝えします。

成婚退会を決断するには冷静fさと決断力の両方が必要

成婚退会は、よく相手の方と話し合って決断してください。

成婚退会前に話し合うこと。

先日のツイート

なぜなら、成婚退会すれば結婚相談所のサポートが受けられなかったり、もしも実は話と違う内容がでてきたり、何かと自分一人で解決しないといけない。

リスクを最小限にするためにも、結婚相談所では真剣交際が破談になっても違約金などはありません。

もちろん、真剣交際の相手にはカウンセラーさんを通じてお断りができます。

なので結婚相手選びに妥協してはいけません。

先日のツイート

あなたのことを一生愛してくれそうなお相手を、あなたの感覚で選ぶ必要があります。

そのためにも必要なのは「あなたが選ばれる必要がある」

男性が結婚したい!女性とは「人生をめちゃ楽しんでる」「自分磨きに一生懸命」「誰に対しても優しい」「周りの人が笑顔になる」「細やかな気遣いができる」「オチョコちょい」「どこか憎めない愛嬌がある」「決して暴言を吐くことはない」「感情の乱高下がない」「話し方がかわいい」

完璧な人間はいません。

しかし、相手との相性が合えば自然と結婚へ導いてくれます。

先日のツイート

後悔のない選択には勇気が必要です。

よーくお相手と話し合って、お互いの相性をよく確認して冷静に判断して決断してください。

また、結婚相談所だから恋愛感情はないの?と誤解される人もいます。

事実として、どの会員さんもごく普通の恋愛結婚と同じように「好き」という感情がお互い芽生えてから成婚退会をします。

出会い方よりも大切なのは、結婚してからです。

事実、離婚の原因の第一は「価値観の違い」ですよね。

むしろ結婚相談所で結婚した人の離婚率は10%と言われています。(恋愛結婚は30%)

先日のツイート

男性から「これ以上の女性はもう現れない、ここでお別れすると絶対に後悔する」と思ってもらえれば、成婚退会に一気に進みます。

婚活男子

これ以上の女性はもう現れない、ここでお別れすると絶対に後悔する!

ここまで婚活の正しいやり方を解説してきましたが、最終的には自分で決める必要があります。

なぜなら、結婚するのはあなた自身だからです。

そんなの当たり前ですよね?と言いたくなるけど、実は自分のこととなると分からなくなるのも人間です。

何人もの人が、最終的に自分で決断する勇気が出せずに後悔の涙を流しています。

ハッキリ言えば、この人なら大丈夫だろうと結婚相手を決めたとしても、幸せになれる保証はありません。

つまり、結婚は少なからずギャンブル的な要素もあります。

人間ですから、環境変化で性格が変わったり、たまたま知り合った女性と浮気関係になってしまったり、順調だったはずの会社が世界情勢の影響でいきなり倒産したりと、どこで何が起きるかは全く予測できません。

当たり前ですが、世の中に絶対はないんです。

しかし、高い確率で結婚しても本気で愛してくれる男性もいます。

そして、結婚したら急に態度が変わる男性とは?

結婚すれば、何十年もの長い年月を共にします。

恋するドキドキした気持ちは長くは続きませんが、あなたを愛してくれる人は何十年も幸せにしてくれます。

相手を選ぶとき最終的には自分で決めて腹をくくる決断が必要ですが、初めから完璧な人間もいないのも事実です。

あまり理想ばかり追えば、婚期は遠のくばかりです。

結婚できるタイミングは、実は何回も訪れません。

もしも、そのタイミングを見失えば45歳過ぎても未婚の女性として、大変厳しい婚活をすることになるでしょう。

こちらの記事も参考にしてください。

➡【厳しい40代女性の婚活】もう悲劇を繰り返さない!結婚相談所で結婚できる人はココが違う7選

結婚を決断するのは大変ですが、よく考えてよく話し合ってお互いの結婚生活をちゃんと思い描けるなら、幸せを掴むことが必ずできます。

まとめ

【すぐに結婚したい!婚活女子必見】結婚相談所で失敗しない正しいやり方を8ステップを解説してきました。

文章量が多かったので、ここでまとめていきます。

大切な要点だけを抜粋していますので、時間のない人はポイントだけでも覚えてもらって、今後の参考にしてくださいね。

ステップ①【結婚したい人を強くイメージする

結婚したい人をイメージする。自分と結婚できそうな人を自分の願望のまま、なるべく具体的に書き出してみましょう。誰にも言う人は必要はありません、まずはあなたの思う理想の結婚したい人をイメージするんです。

ステップ②【お見合い編】条件が合う人だけお見合いをする

条件が当てはまらない人とは、そもそもお見合いしない。お申し込みは週3件までを上限としてお見合いを計画する。時間は有限です、無駄に精神と体力を消耗してはダメですよ。

ステップ③【お見合い編】第一印象がすべて

第一印象は7秒で決まる。ファッションで大切なのは「シンプル」「ナチュラル」「フェミニン」特に女性らしいさは重要なポイント。結婚は派手さよりも清楚で自然体の女性が求められる。

ステップ④【お見合い編】お見合いはコミュニケーション力が大切

お見合いで大切なのは3つ「感謝」「共感」「聴く力」です。お見合いから仮交際に進めるのは「人柄」を見て判断する。決して条件が合う人だけを選んではいけないよ。

ステップ⑤【仮交際編】デートの回数でうまくいくかが決まる

長い時間の1日デートよりも、短い時間の半日デートで大丈夫。仮交際中はより短い時間で楽しい思い出を作ろう。回数が多いほど、お互いの距離は確実に近くなる。

ステップ⑥【仮交際編】真剣交際に進む判断は人柄です

女性は警戒心が強いので、そんなに簡単には人を好きになりません。しかし、決め手となるポイントは人柄です。そして、最終的には「飛び込む勇気」が必要です。

ステップ⑦【真剣交際編】お互いの結婚観を確認する大切な期間

お互いの結婚観や価値観を確かめる大切なときです。何度もよく話し合ってお互いの気持ちを伝えることが大切です。話し合える関係ならば、この先の問題も解決できる。

ステップ⑧【成婚退会編】決断するには冷静さと決断力の両方が必要

冷静さと決断力の両方が必要です。そのためにも、価値観の違いが納得できるものかを冷静に判断する必要があります。決して妥協しないで、条件面よりお互いが幸せに結婚生活が送れるかで成婚退会を決断しましょう。

最後に一言…

これから婚活を考えている方は、今回の記事を参考にしてください。

私が経験した過去7年間もの苦い思い出と、同じ失敗をして欲しくない思いで執筆しました。

人生のターニングポイントはいくつかあります。

しかし、過去を振り返れば気がつくことでも、現在進行形だと見えにくいのも現状です。

もし、結婚したいと漠然と思っているけど、何も行動できていない。

どうしたらいいか分からないなら、結婚相談所の参考記事をいくつか貼っておきますのでご確認ください。

あなたの幸せは、あなたの行動によってしか生まれません。

そして、時間はとてつもないスピードで過ぎ去っていきます。

あのとき、まじめに婚活していれば「今ごろ、子どももいて素敵な旦那様と楽しい家庭が築けていたかも…」と後悔だけはしないで欲しい。

いちご🍓

婚活のススメ!素敵な旦那様を見つけるお手伝い。

結婚相談所の情報・婚活成功の秘訣など記事をアップしてます!いつでも見れるブックマーク保存がオススメ。

婚活を頑張りたい!勉強したい!ヒントが欲しい!ならTwitterで毎日配信してます!!

Twitter➡@ichigopowerblog

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

次の記事でもお会いしましょう(^^♪

  にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ